こんぺいとう 中学受験やドラマの話

中学受験におすすめの A3コピー機 一番安いこのプリンタ一択

中学受験

中学受験の必需品はコピー機です。
高性能なものは必要ありませんが、最低限の機能ではたりません。

我が家には、A4のみ対応でモノクロの8年選手がありまして、ケチの私はそれを娘の受験も近づいた6月まで使用していました。

やっと夏休み直前に、カラー複合機を購入。
もっと早く買えば、3年間で元が取れたのに。

これ以上の機能は要らないし、これ以下だと不十分という「究極の一台」です。

検索する時間の惜しい方に。

中学受験の必需品コピー機 一番安いこのプリンターに決まり

もくじ

  1. 中学受験ブログで話題のコピー機2台
  2. 中学受験の理科暗記にカラーコピーが使える
  3. 中学受験の過去問対策ではA3コピー必需品
  4. コピーをコンビニと家で比較

中学受験ブログで話題ののコピー機

夏休みギリギリやっと購入を決意したA3コピー機。

塾代もかさみ、ちょっとでもコストを抑えたい私は調査を行いました。

コピー機を購入するか、コンビニでやるか、コピー機のレンタルの3択の中では、「購入」が圧倒的に勝ちました。

次に価格ドットコムなどでA3カラー複合機で調べてから、インクなどの費用を比較しました。

プリンターの選び方は、機械だけではなく「ランニングコスト」を見なくてはならないために、比較が面倒です。

ブラザーのプリンター、なんとカートリッジは、受験終了の翌年2月まで替える必要がなかったのには驚きです。
うちでは年賀状も印刷したのにです。

Brother プリンター MFC-J6983CDW

ブラザー プリンター A3 インクジェット複合機 MFC-J6983CDW

✅カラー6円
✅モノクロ1.3円 

カートリッジ 10,400円

私は、ブラザーの回し者ではありませんが、これだけ調査して、中学受験用にこれ以上のコスパのものは見つかっていません。

エプソン プリンター EWM970A3T 

エプソン プリンター エコタンク搭載 A3カラーインクジェット複合機 EWM970A3T 

上記のブラザーよりも、2万円ほど値段の高い機種です。

この「2万円」分の差はカートリッジ。
ランニングコストで差をつけています。

✅A4カラーコスト 1.3円
✅A4モノクロコスト 0.5円

圧倒的に一枚の値段が安くなります。

ただし! 
中学受験では、2万円分のもとをとる枚数(1万枚)をプリントしません。

中学受験以外にもプリンター印刷をよく使用するというご家庭なら、おすすめです。

中学受験の理科暗記にカラーコピーが使える!

小学生なので、モノクロとカラーでは、まったく勉強のイメージ効果が違うと断言します。

例えば、地理の帯グラフ。
これがモノクロだと何の役にも立ちませんよね。

理科のアルカリ・酸性の化学反応や、植物では花びらのつくりなど。
カラーでなくてはならないものがたくさんあります。

図鑑を見ればいいでしょうか。
子供は、情報量が多すぎると頭に入りません。
とくに偏差値50のあたりにいる子はそうです。

したがってピンポイントのみ、「いまやっているところだけ」を印刷してノートに張り付けることが、大変効率が良いのです。

だまされたと思って、カラーコピーやってみて下さい。

ひと手間ふた手間かけると大きな違いを生むのです。

中学受験 過去問対策ではA3コピー必需品

A3サイズのコピーは、過去問をやり始める前まではコンビニで十分でした。

中学受験卒母に、
「夏以降は、母はコピー地獄だよ」
と教わったとおり、過去問ではA3サイズのコピーばかりになります。

志望校の赤本を購入したら、問題用紙・解答用紙をばらして、指定の大きさに拡大コピーしなくてはなりません。

たとえば問題用紙は128%だったり、解答用紙は148%だったりと、細かい指定があります。

1ミリでもずれると、端っこが切れてしまったり、黒い影ができたりと、何枚か失敗しながらやっと1セット出来上がるのです。

この精密作業を コンビニで雑誌読んでるおじさんたちの横でやるのは正直きついです。

中学入試の過去問は何年分やる?偏差値50以下の場合

もう一つ、図形が苦手なお子さんに朗報。

「拡大コピーしただけ」で、解けたという図形の問題もあります。

これは「だまされたと思ってやってみて」とツイッターで知り合ったママに言われてやってみたのです。

あら不思議。
図形の正解率がかなりアップしました。

コピーのコストをコンビニと家で比較

以下はコンビニでのコピー代です。
上記の家庭複合機で印刷した場合と比較してください。
 カラーコピー 1枚 50円~60円
 A4 コピー 1枚 10円
 A3 コピー 一枚20円

6年生で私が中学受験のためにコピーを使った量を概算しました。(年賀状やほかのことにも活用しましたが、ここでは中学受験関係のみで計算)

 カラーコピー 100枚程度
 A4 白黒  600枚程度
 A3 白黒 150枚程度

もしコンビニですべてをまかなうとしたら、1年で12000円以上かかります。

隣がコンビニ、という方は良いですが、コンビニまで行く時間も大変です。

一日何往復もするかもしれませんし、夜中だったりすっぴんだったりして出にくいということもあります。

中学受験の必需品A3コピー機 プリンタ【まとめ】

  • 中学に入学したらカラーコピーはほとんど使用しないため、高機能はもったいない。
  • レンタルは、一万単位以下の枚数の印刷では元がとれない。