こんぺいとうの甘かった!中学受験 偏差値50以下が輝ける中学へ!

珈琲いかがでしょうドラマ 1話から最終回の感想とネタバレ

エンタメ

中村倫也さん主演の「珈琲いかがでしょう」の1話は、テレビ東京で最高記録の視聴率を生み出したドラマです。

「珈琲いかがでしょう」はコナリミサトさんの超人気コミックを実写化したドラマです。
コナリミサトと聞いてピンとこない人も「凪のお暇(Paravi)」ならご存じかも。

珈琲いかがでしょうは、バンで移動販売している たこ珈琲=幸せを呼ぶ珈琲屋 とともに、人生に悩める人が青山のコーヒー店に訪れ、さまざまな人間模様を映し出します。

このドラマには、何気ない「名言」が隠されており、それをキャッチすることも、このドラマのもう一つの楽しみ方です。

コミックファンからは、主人公の青山は中村倫也さんにそっくりだと話題になっていたようです。

中村倫也「珈琲いかがでしょうは、知らぬ間にコーヒーカップについてしまった汚れを綺麗に落としていくような、そんな作品になると思います。」

珈琲いかがでしょうドラマ 1話から最終回の感想とネタバレ

もくじ

  1. 珈琲いかがでしょうのキャスト
  2. 珈琲いかがでしょうの主題歌
  3. 珈琲いかがでしょう1話 人情珈琲・死にたがりコーヒーのネタバレ
  4. 珈琲いかがでしょう2話 キラキラ珈琲・だめになった珈琲のネタバレ
  5. 珈琲いかがでしょう3話 男子珈琲・金魚珈琲のネタバレ
  6. 珈琲いかがでしょう4話 ガソリン珈琲・ファッション珈琲のネタバレ
  7. 珈琲いかがでしょう5話 ホルモン珈琲のネタバレ
  8. 珈琲いかがでしょう6話 世界が変わった珈琲のネタバレ
  9. 珈琲いかがでしょう7話 ぼっちゃん珈琲のネタバレ
  10. 珈琲いかがでしょう最終回 のネタバレ
  11. 珈琲いかがでしょうドラマの見逃し配信
  12. 珈琲いかがでしょう DVD

珈琲いかがでしょうのキャスト 中村倫也主演

青山一(中村倫也)・・・たこ珈琲の店長
垣根志麻(夏帆)・・・不器用女子
ペイ(磯村勇斗)・・・謎の男

中村倫也の英語力 コツコツ派の努力家

普通の連ドラと違うのは、メインは中村倫也さんとほか2人だけ。
その3人以外、毎回お客さんである出演者が変わるというところですね

珈琲いかがでしょうの主題歌 小沢健二

珈琲いかがでしょうドラマの主題歌は、小沢健二さんのエル・フエゴ(ザ・炎)
物語の雰囲気にあまりにもぴったり!

珈琲いかがでしょう1話 人情珈琲のネタバレ

垣根志麻(夏帆)は、お客様にサンプルを届ける地味な仕事をしているOLです。
垣根は、がきねと読みます。

垣根は不器用ですが、誠実・丁寧・義理・人情がモットー。
いっぽう彼女の上司(井上肇)は、スピードと効率を最も重視します。

垣根は、お客様に手書きで礼状を書くのですが、それが効率が悪いと上司に叱られます。
効率よく素早く仕事を仕上げる後輩の馬場(足立梨花)に、垣根のお得意様を交代させることを上司から言い渡されます。

垣根がひとりベンチでお弁当を食べていると、移動コーヒー店に気がつきます。
その名はたこ珈琲。
8種類のブレンドがあります。
店長の青山(中村倫也)と目があいます。

青山が一杯一杯丁寧に時間をかけて淹れる工程を、垣根はじっと見つめるのでした。
垣根「すごくすごくおいしい」

垣根はたこ珈琲に毎日通い、癒されるのでした。
ある日コーヒーマシンでコーヒーを買ってみます。
垣根「普通においしい」

仕事のできる後輩の馬場は、顔も髪もキレイ。でも、靴がいつもきたない。
そのことを志麻は指摘してしまい、険悪ムードになります。

垣根「適当においしいものは世の中にいっぱいあるけど、青山さんのコーヒーは特別においしいです」
垣根は職場で自分の丁寧さを否定され、自分を否定されたような気持になっていたのです。
垣根は、手書きの手紙を書くのを辞めていたのです。

そんな自分を、青山の淹れたコーヒーでも、今日は癒されないことを打ち明けます。

青山「そういう日もありますよ」
垣根「誠実に丁寧にと心がけてきたけれど、相手が必要としていないなら無理なのかな、丁寧であることが意味ないのかなって」
青山「僕もこの仕事は丁寧にやるしかウリがない。でも丁寧にやっていればこうやっておいしいって飲みにきてくれるお客様もいます。全員に通じるものって案外つまらない。誰かにとって特別であればいい。」

職場にもどると、後輩の馬場が大失敗をし上司から怒鳴られています。

適当にコピペをしてしまったことが、得意先にばれてしまったのです。
上司は得意先の謝罪に、垣根を使います。

あるとき、垣根は会社の役員からお茶会の招待状の手書きを頼まれます。
役員「会社で一番きれいだから、あんなきれいな字を書く人はきっといい人に違いない」

その役員から、取引先のゴマ商事から最近垣根から手書きのお礼状が来ないと言っていたことを聞きます。
読んでいないのかと思っていたら、垣根の手書きの手紙を先方は楽しみにしていたのでした。
そして、あの手紙をぜひこれからも続けてくれと頼まれます。

はじめて、たこ珈琲でコーヒーを頼む馬場。
馬場「おいしい。ちがうんですね。適当においしいのと本当においしいのって」

青山の淹れたコーヒーで二人は徐々に心を開いていきます。
青山はそんな二人を見てやさしく微笑んでいます。

馬場「私、志麻さんの丁寧にきちんと生きてますという雰囲気が鼻についてました」
垣根「私はいつも明るくて人気者の馬場ちゃんがうらやましかった」
そして、志麻は馬場に靴がきたないことを指摘してしまったことを謝ります。

お互い、育ってきた環境がそうさせていたこと、そして見えている部分と心の中にはギャップがあったことを理解することができました。
馬場「人って話してみないとわからないものですね」

垣根が翌日いつものように青山のたこ珈琲の車を探しましたがどこにも見当たりません。
彼は、今朝からどこか別の場所に移動して行ったのです。

珈琲いかがでしょう1話 死にたがり珈琲のネタバレ

クレーム対応の電話オペレーターをしている早野美咲(貫地谷しほり)。
毎日お客様からクレームを言われたり怒鳴られたり、心を無にしてただ謝る毎日を送っています。

ある晴れた休日、美咲がベランダで洗濯物を干しながら、
美咲「こんな昼下がりは、死にたくなる」
ベランダから身を乗り出した瞬間、美咲のアパートの真下にいる青山と目があいます。

驚いた美咲はその拍子に、干していたガードルを落としてしまいます。
慌てて下に降りて、洗濯物を受け取り青山にお詫びします。

そして、それが移動コーヒー店と初めて気が付きます。
美咲はさんざ迷った末、カフェオレを注文します。

青山「濃いとか薄いとかはよろしいですか」
美咲「カフェオレの中のカフェオレで」

美咲は珈琲を味わうと急に笑い出します。
美咲「もう死にたい」

美咲はふと気が付きます。
美咲「ベージュの部屋、ベージュの洗濯物、ベージュの服。そして飲んでいるカフェオレもベージュ。無難。これからの私の人生も没個性」

青山「カフェオレは没個性なんかではないです。豆ひとつで変わる。カフェラテともカプチーノと違う、同じ豆でも飲み方はいろいろ個性もいろいろです」

青山「そんなに冒険したいのなら」
車の助手席に案内された美咲は、すぐ近所のインド料理店に連れて行かれます。

青山の顔なじみのようです。
青山は激辛カレーを注文します。

青山「無難に中辛にしますか?」
美咲「私も激辛で」

おいしいカレーに笑みがこぼれ、美咲はつい話を始めるのでした。
考えてみれば人と会話をするのも久々です。

美咲「私の人生謝ってばかり。謝るのが得意」
青山「心を閉ざして感じずにいれば楽ということはあります」

最後に青山はカフェオレを美咲に淹れ、「隠し味」をたったひとつまみ。
青山「これはインドのスパイスガラムマサラです」

美咲は、その味に驚きました。まったく姿を変えたのです。
たったひと振りだけで。
美咲「ほんのすこし裏道にそれるだけで、ほんのひとふりだけで事態はがらっと変わるのかも」

そして美咲は「生きてるっていいかも」と思えたのでした。
美咲はこのほんの小さな体験で、自分を変えたのです。

美咲「靴下をかえてみるか!おもいっきり原色で」
笑顔が宿りました。

「珈琲はいかがでしょう」の見逃し配信はパラビ で

珈琲いかがでしょうドラマ1話の感想

今日の名言

✅「全員に通じるものって案外つまらない。誰かにとって特別であればいい」

✅ほんのすこし裏道にそれるだけで、ほんのひとふりだけで事態はがらっと変わるのかも

美咲が、「死にたい」と言ってげらげら笑いだしていたのは、自分を蔑むほど、自分に呆れ愛想を尽かせていたのでしょう。

人は自分を見失って生きていくことは、死んでいることと同じなんですよね。

珈琲いかがでしょうドラマ2話 キラキラ珈琲のネタバレ

近頃は、のどかな山奥でたこ珈琲をだしていた青山。
明日からは、また東京に戻るということで常連客に最後のコーヒーを出しています。
すると、お客の娘が通りかかります。

ピンク色に髪を染めたミヤビ(山田杏奈)こと「ぴんくちゃん」は高校生。
挨拶もしたくない年ごろです。

青山は東京に向け、夜通し運転します。
と車の後方からがさごそと物音がします。
青山がバンの後ろを開けると、先ほどの農家の娘ミヤビが寝ているではないですか!

ミヤビは田舎がうんざり。
東京に出て、オーディションを受けてデビューするという夢があります。
自分はかわいいと自信があるのです。

未成年を連れていくことはできないので青山はきっぱりと断りますが、どうしても、という熱に根負けしてつれていくことに。
実はこのとき青山は父に連絡をとり、父は何かあったら娘を頼むと青山に託していたのでした。

朝早く東京に到着して、青山はビル街で店を開けます。
ミヤビは、青山にコーヒーを入れてもらいます。
ミヤビのリクエストは「キラキラしたもの」

青山は、ロサ・メヒカーノを出します。
トッピングには7色のキラキラしたキャンディーシュガーをあしらいます。

ミヤビは、インスタで知り合ったレイと待ち合わせの原宿で落ち合います。
レイ(臼井あさ美)に連れられて、原宿を歩くと何人もの芸能事務所の人が「スカウト」の名刺をミヤビに差し出します。

ミヤビは自分はかわいい、イケてると自信に満ち溢れていました。
でも、オーディションには受からなかったのです。
肩を落としてレイのシェアハウスに向かいます。

今晩は、そこに泊めてもらう約束です。
でも、そこはぼろアパート。足の踏み場もない散らかりようでした。

おまけに女性オンリーのシェアハウスという話だったのに、いかつい男が2人も入ってきてミヤビに手を出し始めます。
ミヤビ、ピンチ!というときに、ノックの音が。
無視していると、ドアが開きます。

青山「コーヒーをお持ちしました」

そして、ミヤビを連れて出て行こうとします。
いかつい男「なんだ、テメー」
青山「コーヒーやです」

青山はすごい力で抑え込みます。ただものではない気配を醸し出しながら。

そしてレイに向かって
青山「未成年売春のあっせんでマークされていますよ」
男は青山に対して恐怖におびえました。
男「あいつの目、人を殺したことある目をしてた」

青山はミヤビを車に乗せ、家に送り届けます。
ミヤビ「コーヒーが飲みたい」青山は普通のブラックコーヒーをミヤビに差し出します。

ミヤビ「何にもしなくてもおいしいんだ、青山さんのコーヒー。東京ってさ、ピカピカで ペラペラで ドロドロ、根っこがちゃんとしてないとだめ。なにかしらをなりたいなら、なにかをちゃんとしなきゃだめなんだよ。それがちゃんと見つかったら、またここに連れてきてくれる?」

青山「喜んで」
ミヤビ「スマホ、忘れてきちゃった」

「珈琲はいかがでしょう」の見逃し配信はパラビ で

珈琲いかがでしょう2話のピンクのコーヒー ロサ・メヒカーノ

ピンクのコーヒーは何?めちゃおしゃれ!
と話題になっています。

レシピをお教えいたしましょう。

泡だて器で砂糖の入ったミルクを泡立てて食紅少々。
ミルクはピンクだけど、泡はなぜか真っ白になるのです。
そこにコーヒーをそ~っと注ぎます。

すると下から、ピンク→コーヒー色→白
の3層が出来上がります。

これがロサ・メヒカーノ です。
ミルクは砂糖が入っているので、重たいために下にとどまるというわけです。
綺麗な層を見せるために、ガラスコップでのサーブ。

珈琲いかがでしょうドラマ2話 だめになった珈琲のネタバレ

レイ(臼井あさ美)は、画家を目指し上京し美術の専門学校を卒業します。
ところが、個展を出すも、誰も見に来てはくれない。
同級生には、成功している人もいました。

レイはついにお金に困るようになり、今回売春あっせんに手を染めてしまっていたのです。

レイのルームメイトヤイ子がは、レイの美術専門学校の同級生で、一緒に絵の勉強をしてきた仲間です。
ヤイ子はまた一緒に絵を描こうとレイを誘いますが、レイの方はすっかり夢をあきらめ、ヤイ子をバカにしていました。
ヤイ子は、先日の事件のこともあり、レイに愛想をつかし出ていきました。

レイは、この道で成功している同級生にSNSで誹謗中傷を投稿しまくることで憂さ晴らしをして生きていました。

青山がこのアパートに再びやってきまたのは、ミヤビがこの部屋に忘れたスマホを探しに来たのです。

レイのアパートを探している青山が、10年前に壊れたエスプレッソマシンを見つけました。
青山は、その壊れたマシンを点検します。
青山「石灰が詰まっているだけのようです。きれいにしたらまた使えますよ」

レイは青山からもらった洗剤で一心にエスプレッソマシンをきれいに分解掃除します。
レイ「誹謗中傷は、自分の中に沈殿しててぜんぶはねかえってきた」

レイはエスプレッソマシンと一緒に自分の中に詰まっていた汚れを全部取り除いたのです。
エスプレッソマシンは、10年ぶりにコーヒーを作ったのでした。

レイ「苦い。でも、それがウマい」
今のレイにとってこの苦みは、至極のうまさでした。

レイはもう自分には絵の素質はないと諦めていた理由は、
レイ「私には、皆がもってるアレがないから、、、」

青山「アレをもってないとしても、苦みを知った今だからこそ描けるのでは?」

レイはしまっておいた画材道具を出します。
とてもいとおしそうに道具ひとつひとつに触れます。
レイのかつての夢がよみがえってきます。

青山が去ったあと、謎の男ペイがやってきます。
青山がここに少し前までいたのかどうか、レイに聞きます。
レイは青山の名前を聞いていなかったので、ペイから聞いた特徴をもとに似顔絵を鉛筆でさらっと描いたのです。

ペイ「俺の探しているのはたしかにこの男だ」
レイ「あの人何したの?」
ペイ「人殺し」

2話の感想・名言

✅根っこがちゃんとしてないとだめ。なにかしらをなりたいなら、なにかをちゃんとしなきゃだめなんだよ

✅苦みを知った今だからこそ描けるのでは?

✅誹謗中傷は、自分の中に沈殿しててぜんぶはねかえってきた

2話の後半では、青山が淹れる珈琲ではなく、ホーム用のエスプレッソマシンで入れるというところが見どころでした。

珈琲いかがでしょうドラマ3話 男子珈琲のネタバレ

飯田(戸次重幸)は中年サラリーマン。
ヨン様似で、筋肉体操も毎日やっているし、体にもルックスにも自信のあるイケオジだと思っています。
会社の女の子たちにコーヒーをごちそうし、いい気持になっていました。

飯田の同僚に、森(小手伸也)という男がいます。こちらは、太目。
髪も最近うすくなってきていまして、コーヒーも銭湯のコーヒー牛乳しか飲めません。
ちょっとは気を使えと周りにいわれますが、口癖のように
森「俺はありのままでいいよ」

ある日飯田は、女子社員から自分の悪口を言われているのを聞いてしまいます。
自分がイケてると思っていたら逆だったのです。

20歳も若い妻からも、「やっとそれに気が付いたの?」と言われる始末です。
そして、同僚の森がマレーシア転勤になります。
同僚の昇進を喜べずすっかり気を落とした飯田は、たこ珈琲を飲みながらぼやくのでした。

飯田「外見ばかり気にして中身が伴ってなかった。俺ってカッコ悪い」
青山「自分を知っている人はかっこいいです」

たこ珈琲は8種類の豆でブレンドを作っています。

青山「キリマンジャロなど、それだけで気品高い味わいのコーヒーもあります。でも、
ブレンドされることで味わい深くなる豆もあります。それぞれに自分らしさをもっているから愛されるのです」
飯田「自分らしさね~。俺は気品高いキリマンジャロになりたかった」

つねにいちごミルクを食べている茶髪の男。青山を追っている男です。
その男に気が付いた青山は、青ざめ、素早く店をたたんで去っていくのでした。

珈琲いかがでしょうドラマ3話 金魚珈琲のネタバレ

謎の男ペイを見かけた青山は、店をたたんで急いで逃げます。

「気楽な商売でいいなあ」と言われたばかりですが、気楽では決してないようです。
途中で青山は、タイヤのパンクに気が付きます。
そこに通りかかったスナックあけみのオネエ、あけみ(滝藤賢一)の店でしばらく居候させてもらうことになります。

あけみは青山を「どこかで見覚えのある顔」で思い出せずにいるのですがあけみは以前、青山に助けられたことがありました。
店をヘルプすることになった青山。

店に、あけみの高校時代の同級生の遠藤(丸山智己)がやってきます。
青山は、この店のおすすめとして、珈琲焼酎を遠藤にサーブします。

コーヒー豆を焼酎に何日かつけたものです。
あけみの店は、ローカルの客で毎晩にぎわいます。常連ばかりです。

遠藤「もう一度夢に向き合ったほうがいいんじゃないか。現状満足している?」
などと聞いてきます。

あけみは確かに自分にはもっとほかの人生があるんじゃないのか、とは思っていたので、遠藤の言ったことは図星だったのです。

遠藤「悪いカルマがたまっているんだ。浄化したほうがいい」
いろいろな商品を出しはじめます。遠藤は、MLM商法をやっており、あけみをそのカモにするつもりでした。
あけみは、断り切れず契約書にサインするところを青山が邪魔に入ります。

青山「お引き取りくださいな遠藤さん」
「すごみ」を効かせて青山は遠藤を追い出したのでした。

青山は最後の晩に、あたたかいコーヒーをあけみに淹れてあげます。
あけみ「こんな珈琲を淹れるのには悪い男はいないわね」

あけみは、金魚を1匹飼っています。
小さな金魚鉢で泳いでいてかわいそうに思えるのだけど、広い水槽で飼っていたときは病気になったことでそうしているのです。

あけみもまた、この狭い空間こそが自分の幸せな世界なのだと気が付きます。
あけみは、青山とどこであったのかを青山が去った後に思い出します。
あけみ「助けてもらったのは2回目ね」

「珈琲はいかがでしょう」の見逃し配信はパラビ で

3話の感想・名言

名言1✅自分を知っている人はかっこいい

名言2✅ブレンドされることで味わい深くなる豆もあります。それぞれに自分らしさをもっているから愛されるのです

青山のような一見穏やかな雰囲気の人が、すごみを効かせた場面があったので興奮しました。
実は悪い人なのでしょうか? 青山の素顔が気になって仕方がありません

珈琲いかがでしょうドラマ4話 ガソリン珈琲のネタバレ

バンのタイヤがパンクした青山一(中村倫也)は、昔からの知り合いであるガソリンスタンドのゴンザ(一ノ瀬ワタル)で車を直してもらいます。

ゴンザ「これで昔の借りはチャラだな」
ガソリンスタンドでコーヒーを淹れる青山。

青山「コーヒーはいかがでしょうか」
ゴンザ「昔のお前を知っているから、身の毛がよだつ」
青山の笑顔を恐ろしがります。

そこへ一台のトラックがやってきます。
セルフでガソリンを入れている運転手の菊川貞夫(野間口徹)は不愛想。
ゴンザいわく、声を掛けてもいつもあいさつすらしない客だそうです。

菊川は、青山の珈琲の香りに気が付き、こちらを向きます。
青山「淹れたてのコーヒーいかがでしょう」
菊川は黙って首を振って去っていきます。

外での無表情の菊川とは裏腹に、家に帰るとにこやかに、妻に今日のことを話します。

菊川が二度目に青山に会ったとき、青山はまたコーヒーを薦めてみるのです。
すると菊川は青山が予測した通り、やはり、コーヒー好きな男でした。
妻が入院して願かけにコーヒーをやめていたと言うのです。
青山があやまると、
菊川「でも、もう退院して家に帰ってきたので」
菊川は、妻とコーヒーの思い出を急に語り始めます。

挨拶も返さない菊川が笑顔を見せて話しているのを見たゴンザは、非常に驚きます。
青山「奥さんと一緒に召し上がってください」
菊川にブルーマウンテンをお土産に持たせます。

家でコーヒーを妻と自分のためにに淹れます。
菊川「一体僕のどこが良くて結婚してくれたの」
妻「笑顔が優しかったから。絶対いいひとだと思ったの」

実は、妻は病気で亡くなったのでした。
菊川が語り掛けていたのは、幻想の妻だったのです。

青山が直ったバンでガソリンスタンドを後にしたとき、ゴンザはある人に電話をしています。
ゴンザ「言われた通り、GPSと盗聴器を仕込んどいたからな」

珈琲いかがでしょうドラマ4話 ファッション珈琲のネタバレ

もとバリスタチャンピオンのモタエ(光浦靖子)。

彼女は、カフェを経営し雑誌にも乗るような珈琲会では有名人です。
青山は、コピ・ルアックの豆をモタエに配達します。

“幻の珈琲豆”(次のページで説明します)と言われるインドネシアの超高級珈琲豆を一袋。お支払いは50000円ほど。

モタエの店では、コーヒー教室も開いていて女性の生徒が4人やってきます。
その中に1話のとき登場した垣根志麻(夏帆)の姿があります。
青山は垣根とのまさかの再開に、思わず隠れてしまいます。


垣根は、青山のコーヒーに出会ってどうにかしておいしいコーヒーを淹れてくなって、3時間以上かけてこの珈琲教室に通っているのです。

モタエは講義の終わりに、コピ・ルアックの豆だと言って、高級なコーヒーカップに淹れて、生徒たちに出します。

生徒たちは口々に「いつものと全然ちがう」「香り高い」とほめたたえます。
垣根「これいつものコーヒーですよね」

そうです。じつはモタエが淹れたのはコピ・ルアックではなく、高級なカップに淹れただけのいつものコーヒーだったのです。

モタエ「お願いがあります。ちゃんとコーヒーを味わってください。生活を彩らないで。コーヒーをはくづけに使わないで」

単なるファッション、箔つけのためにコーヒー教室に通う生徒はそんなモタエを理解できず、出て行ってしまうのでした。
純粋においしいコーヒーが淹れていだけの垣根だけがそこに残ります。
モタエは、ただコーヒーを愛する人間だったのです。


その頃、ぺい(磯村勇斗)はとあるオレオレ詐欺の事務所に、組員の花菱(渡辺大)に呼び出され、青山を連れてこいと脅かされていたのです。

GPSが仕込まれている青山の車は、すぐにペイに追跡されていまいます。
青山が今出発と言うときに、隠れていたペイは青山の目の前に現れます。
同時にモタエに青山のことを偶然聞いた垣根が、青山を呼び止めます

 「珈琲はいかがでしょう」の見逃し配信はパラビ で

4話 の感想と名言

今回は、青山の過去が少しだけ暴かれてきました。
いかつい顔つきの人ばかり登場する4話でした。

青山が昔、組の男たちにボコボコにやられて「最後の一言」として言った言葉が気になります。
俺はただおいしいコーヒーを淹れたい。それだけです

珈琲いかがでしょう4話の最高級豆 コピ・ルアク とは

幻のコーヒー KOPI LUWAKとは、大変希少価値のある、インドネシア原産のコーヒーです。
この豆は、猫のフンからとります。
ジャコウネコが食べたコーヒーの生豆はそのままの形で排泄されるので、それを使うのです。

ジャコウネコは、猫と言うよりどちらかというとタヌキに近いですね。
チョコレートのような甘い香りだそうですよ。

一度話のタネに飲んでみたいですよね。
コピ・ルアクを置いている喫茶店ってあるんですよ。一杯5000円前後、要予約です。

珈琲いかがでしょうドラマ5話 ホルモン珈琲のネタバレ

車の右にはペイ。左には垣根。
あまりの驚きで青山は固まります。ペイはヤクザの親分に青山を連れてこいと命令されているのです。

ペイ「三人お話ししましょう」
垣根はお誘いを喜んで受け、車に乗り込みます。

3人でしばらく走っていると、ペイが垣根に青山の過去を暴露します。


青山の前の仕事は清掃業。人間を清掃する。
つまり殺し屋ということをにおわせます。
そして、青山は珈琲というカルトにおぼれたと。

ペイは、青山にナイフを突きつけます。
そして、青山でなく、自分の腿を思いっきり刺します。
ペイのうめき声。真っ赤な血がほとばしります。

ペイは血まみれの手で青山のバックミラーに下がっているタコのマスコットを引きちぎり、一枚のメモを渡すのでした。
車のドアをあけ、ペイは自ら転げ出ます。
青山は垣根を乗せたまま、車を発進させます。


ペイは、組の本部に連れていかれ、青山を連れてこなかった失敗に対してボコボコにされます。

血がどくどくと流れ出て、意識ももうろうとするなか、初恋とコーヒーの味を思い出すのでした。


小学生のペイ。

ペイは父に殴られたあざがあったので、小学校をサボります。
すると、赤いランドセルの同級生が自分を見つけてくれたのです。
その子の家に招待されると、コーヒーゼリーを生まれて初めて食べます。

苦くて甘くて苦い。それがペイの初恋の味。
その子との再開もありました。
一緒に飲んだブラックコーヒーの味は苦過ぎました。ペ
イにとって、彼女は手の届かないところにいました。

そんな時に、青山に出会います。 
青山に飴玉をもらい「落ち着くぞ」と言われます。

家族の愛情をしらないペイは、青山をアニキと呼び、頼っていました。
依頼された人殺しをして、青山とペイは食いつないでいたのです。

その時に覚えた言葉が「ホルモン」ホルモンとはほおるもん、つまり捨ててしまうものという意味。
仕事を終えると、「泥のような味」のコーヒーをマシンで買って飲むのでした。
そんな底辺の生活でした。


何時間も走ったあと、垣根が青山に休憩しませんかと誘います。
青山は、タコのマスコットからGPSを取り出し、遠くへなげます。

垣根「僭越ながら、私がコーヒーを淹れさせていただきます」
青山「自分がまともな人間でないことはわかっているでしょう」
垣根「昔のことはわからないけど、今は素敵なコーヒーやさんです」

昔、青山とペイが狭い路地にたむろしているときに、不気味なホームレスに出会います。
彼は、黒い豆を持っています。このホームレスの住処に招待され、コーヒーを淹れてもらうのです。

すべて捨てられていたものだと言います。

ホームレス「ごみでも丁寧に磨けばなんとかなる」
磨かれた道具で、ホームレスは丁寧にコーヒーをミルにかけ、青山とペイにブリキのカップで出します。

ホームレス「底辺の生活でもいろどりと言うものが欲しいんだよ」

青山は、一口それを飲んだとたん、細胞ひとつひとつが生き返ってくるのを感じます。

それをみたペイはびっくりします。
でもペイにはそのうまさはわからなかった。

そのコーヒーの味が、青山の人生を変えたのでした。
そしてそのホームレスのたこ爺さんこそが、青山の師匠なのです。

垣根「その方は今どこにいるんですか」
青山「そのカギがここにある」

ペイが最後に手渡したメモを大事そうに握りしめます。

「珈琲はいかがでしょう」の見逃し配信はパラビ で

5話の感想・名言

ほんわかしていて、平和な展開のドラマが一転、殴る蹴るなどの展開になりました。
青山が以前殺し屋だったなんて、誰が想像したでしょう。

ペイは青山の敵だと思っていたのですが、逆でした。
ペイは青山をかばうために今まで動いていたのです。

名言✅ ごみでも丁寧に磨けばなんとかなる byたこ爺さん

珈琲いかがでしょうドラマ6話世界が変わった珈琲のネタバレ

ホームレスのたこじいさんに初めてコーヒーを淹れてもらった青山は、そのうまさに完全にコーヒーに取りつかれたのでした。

翌日も青山はたこじいさんのところに行き「コーヒーを淹れてくれ」とせがみます。
礼儀を知らない青山にじいさんは、ものの頼み方も教えてくれました。
青山「コーヒーを淹れてく、ください」

あの珈琲で、自分がまるで落とし穴に落ちて、すっぽりとはまったような衝撃。
そしてとても居心地の良い穴にいる気分を感じたと言います。

次の日は、たこじいさんは焙煎の仕方を変えて青山に出します。
青山「俺にコーヒーを教えてください」

修行が始まりました。
たこじいさんは、コーヒーだけではなく、青山に「足りてなかったもの」を教えようとしてくれたのでした。

修行第一日目は、釣りに連れていかれました。しかもまったくつれない釣りです。
たこじいさん「釣れるか釣れないかは関係ない。のんびりと穏やかな時間を幸せだなあと感じることだ」
青山はその意味がまったくわかりません。

たこじいさん「何を食べても、空腹を満たすだけでなく味を感じるのだ。舌を鍛えるのだ」
青山は実行に移します。
いままでただ無心にかっこんでた食事を一口一口味わったのです。

たこじいさん「心に余裕がないとおいしさを感じない。幸せを感じてみな」
青山はアパートに戻っても、コーヒーの勉強・練習をしました。人生で初めて勉強をしたのです。

そしてついに、成果が表れてきました。
たこじいさん「もう教えることはない。あとは自分で極めるだけだ」

雨の日、タコ爺さんのところによると、久しぶりにコーヒーを淹れてくれました。
青山「やっぱりじいさんのコーヒーは違う」
たこじいさん「足、洗ったらどうだい」

青山は、自分の人生はもう変えようがないと諦めていたのでした。
でも、ホームレスのたこじいさんは、自分には夢があると言います。
その夢とは、大事に思っている女性がいて、死んだらその人と同じお墓に入ること。

たこじいさん「自分を大切にすることだ。他人も大事にできないから。アタシはあんたのことを大切に想っているよ」
青山は自分が大切に想われていることを告げられると、混乱しました。
人に愛されたことはなかったからです。

青山は、コーヒーを淹れるのをやめました。
同居していたペイは、コーヒーに取りつかれた青山が嫌だったので、喜びます。

どしゃぶりの日、青山がたこじいさんのところにふらりとよるとたこじいさんは倒れていました。
大好きなコーヒーを淹れようとして亡くなっていたのです。
たこじいさんの身寄りもわかりません。

青山は、移動コーヒーやをしながら、たこ爺さんの身内を探そうと思い立ったというわけです。
そしてペイから先日、別れ際に渡されたメモには、じいさんの手がかりとなる住所が書いてあるのです。
垣根「私、青山さんの力になりたいんです。だって大好きなんです。青山さんのコーヒーが」

「珈琲はいかがでしょう」の見逃し配信はパラビ で

6話の感想と名言

今日の名言

✅「ちょっとした加減で変わってくる。コーヒーの味も人間も」byたこじいさん

✅「自分を大切にすることだ。他人も大事にできないから」byたこじいさん

光石研さん、ホームレス役かと思えば刑事役も。
俳優さんってすごい!

珈琲いかがでしょうドラマ7話 ぼっちゃん珈琲のネタバレ

「コーヒーに出会ったとき世界が変わった気がしました」

青山が10年もかけて、この世界を変えてくれたたこじいさんの遺骨の納骨すべき親戚を探し当て、その家のドアに手をかけようとした瞬間、背後から捕まります。

学生服を着た男の子に、青山は凍り付きます。
この男の子は愛らしい顔をしていますが、ヤクザの3代目のぼっちゃんなのです。

ぼっちゃん「やっと見つけたよ」
無邪気にはしゃいでいます。

10年前のこと。

ヤクザの2代目に目をかけられていた青山が、息子のお世話かかりとして任命されました。
この「ぼっちゃん」は当時小学生。
ぼっちゃんは学校でいつもいじめにあいますが、ひたすら我慢をするのでした。

自転車の補助なし、逆上がりなど、ぼっちゃんには青山が全部教えてきました。
給食の人気メニュー コーヒー牛乳をいじめっこにとられてしまって飲んだことがないぼっちゃん。
そんな寂しいぼっちゃんに、青山は甘いコンデンスミルク入りのコーヒー牛乳を飲ませ、落ち着かせたりもしました。

ぼっちゃんは、アニメの正義の味方である「トラモン」と青山をかさね、青山をそう呼んで心から信頼していたのです。
ぼっちゃん「ずっとそばにいるって約束して、ぼくだけのとらもん」
青山「約束します。ぼっちゃん様」

でも青山は突然姿を消して、自分は裏切られたとずっと根に思っていました。
間もなく父も殺され、ぼっちゃんは独りぼっち。
父からは、自分に何かがあったらお前が3代目だといわれていたので、あれから一応10年もの間、3代目として生きています。

青山はぼっちゃんに縛られ、目隠しをされて、ある場所に連れていかれました。
そこには、垣根とペイが連行されて監禁されていました。

ぼっちゃんは、ロシアンルーレットのコーヒーバージョンをやろうと、3つのコーヒーのうちの一つに薬品を入れたものを置きます。

垣根はおもむろに1つとり、飲み干します。
それにつられて、ペイも。
二人ともセーフでした。

ぼっちゃんの復讐がエスカレートします。
垣根を人質に取り、青山を脅します。
ぼっちゃん「淡々としたおしゃれな暴力を教えてよ。戻っておいでよぼくのトラモン!」

「珈琲はいかがでしょう」の見逃し配信はパラビ で

7話の感想・名言

愛情も暴力で得ようとするぼっちゃん。愛情を知らないからです。

青山もまた、愛情を知らない人間だったからわかります。
たこじいさんに会って、初めて自分が大事に思われた経験をしたのです。
そこが青山の人生の起点。

青山に「足りていないこと」は、青山自身が「大事にする人をみつけること」なのだと思います。

✅名言「眠れない夜は眠くなるまで寝なけりゃ良いんですよ」・・・by青山

珈琲いかがでしょうドラマ最終回のネタバレ

青山「淡々とおしゃれな暴力?ねえよそんなもん」
青山はぼっちゃんを殴ります。
ぼっちゃんの手下である夕張は、あえてそれを止めません。

ぼっちゃんは、青山に昔のように「自分だけの、もの」でいてほしい、ただそれだけなのです。
いつも一人でいたぼっちゃんは、愛を知らない。そして自分は愛されたことなど、大切にされたことなどないと言います。
青山と夕張は証言しました。
青山と、ぼっちゃんの父二代目は、いつも話題は息子のこと中心だったということ。
そして、夕張は二代目が息を引き取る間際も一番息子のことを心配し、「息子をよろしく頼む」と夕張に託していたこと。

ペイ「俺は誰よりもアニキを知っている。アニキの永遠のラブなんて誰もゲットできない」
垣根「私は、誰よりも青山さんのコーヒーを後押ししている自負があります」

そして、青山は、ペイと垣根をつれて、たこじいさんの故郷を目指します。
運転は、垣根。

とうとう、ペイが調べた住所の家に到着します。

孫が出て怪訝な顔をされましたが、「コーヒー」と言ったとたん、通してくれたのです。
奥には、タコじいさんくらいの年の女性が座っていました。この人こそが思い続けていた女性さっちゃん(市毛良枝)です。

さっちゃん「コーヒーでもいかがかしら」
この珈琲を飲んだ青山は、驚きます。

青山「たこじいさんの味だ」
さっちゃん「そりゃそうよ。あのたこさんにコーヒーの淹れ方を教えたのは私ですもの」

たこじいさんとさっちゃんは、若い頃に家族の反対に合い、離れ離れになったのでした。
たこじいさんが移動コーヒー店をやりたかったがっていたことを、青山は話します。
さっちゃん「それは私の夢でもあったのよ」

青山は、たこじいさんの「のどぼとけの骨」をさっちゃんに渡します。
青山「あなたと一緒にお墓に入りたいと言っていました」
さっちゃんは、それを大事そうに抱きしめて言います。

さっちゃん「一緒にお墓に入りましょう」
その骨を砕き自分のコーヒーにいれます。
ごくりと飲みます。
さっちゃん「これで、たこさんは私の一部です」
さっちゃんは、タコの形の墓石を立ててそこにたこさんと一緒のお墓にはいるつもりだと言いました。

青山は移動コーヒー店は続きます。
とあるビルのはざまに、店を出します。
傍らにはペイ。ペイがオーダーをとります。

ぼっちゃんは、自分でコーヒーを淹れるようになります。
自分がもっと立派に成長したら、そのときに青山に「プロポーズをする」と目を輝かせるのでした。

珈琲いかがですか最終回の感想

最終回は、「自分のチカラでのし上がる」がテーマでした。

自分のチカラを出すことは、自分が誰かに「大事にされる」「愛される」ことが原動力。
青山は、たこじいさんから愛をもらい、足を洗えと背中を押され、自分のチカラで人生を立ち直らせました。

ペイも垣根も、そして、ぼっちゃんも。

そして青山の愛が、たこじいさんの夢を現実にしました。

珈琲いかがでしょう ドラマ見逃し配信 アマゾンプライム有

「珈琲はいかがでしょう」ドラマを見逃しても、パラビ で見れるから大丈夫!14日間は無料で見れます。(14日後解約をお忘れなく)

またはアマゾンプラムビデオでも300円レンタルができますよ。

珈琲いかがでしょう DVD