こんぺいとうの甘かった!中学受験 偏差値50以下が輝ける中学へ!

オーマイボス!恋は別冊で

安定と平凡を好む鈴木奈未は田舎から上京し、大手出版社でファッション雑誌編集部に配属されます。 彼女の仕事は、鬼編集部長である宝来麗子の「雑用係」。 平凡以下の奈未は仕事で、恋愛で、失敗しながら成長をしていきます。 このドラマの、大きなもうひとつの見どころは、編集長役の菜々緒さんが着こなす、ハイブランド・ファッションです

エンタメ

ドラゴン桜「日曜劇場」16年経って続編が始まりました。 ドラゴン桜は、偏差値36の高校生が東大に合格するまでのストーリーですが、中学受験の舞台においてもここから学ぶべきことが多く、お宝名言が連発しています。 大学入試が変わり、中学受験も変わります。 知識よりも「考える力」を問われるようになってきた今、勉強法や思考法も合わせなくてはなりません。 ドラゴン桜のドラマには、受験生とその親の悩みでの共感する部分が大きく、勇気づけられます。 本記事は、「ドラゴン桜を中学受験からどう見るか」について、わが子の中学受験で苦労した筆者がまとめました。