こんぺいとう 中学受験やドラマの話

エンタメに関する記事一覧


エンタメ 中学受験

中学受験の名門塾桜花ゼミナールを舞台にしたドラマ 「二月の勝者絶対合格の教室」。 ネタバレや感想、教訓をつづっていきます。 「塾とは、子供の将来を売る場所である」と塾長。塾の裏の顔、ダークな内情を見せつけられます。 中学受験にのめりこみ、盲目になっている我々保護者の目を覚ましてくれるドラマです

エンタメ

ひとり水族館、ひとりキャンプは序の口。 ソロリムジン、ソロフレンチフルコース、果てにはソロラブホテル、、、。 人付き合いが苦手というわけではない。 ただ好きな時に好きな場所で一人でしか味わえない贅沢な時間を味わいたい。 それが「ソロ活」 出版社に勤めるアラフォー女子の主人公 五月女めぐみがソロ活に邁進していく、江口のりこさん主演のドラマです。

エンタメ

『理想のオトコ』著者チカの大人気コミックが、ドラマ化! 仕事・恋に悩む独身のアラサー。理想の男を求め真剣勝負しています。 蓮佛美沙子さん主演。 ドラマ 理想のオトコのネタバレと感想、主題歌まで詳しく書きました。

エンタメ

鈴木亮平さんと吉岡里帆さん。」豪華な配役の恋愛ドラマ。 このドラマは、ごっつい男性が恋愛ものの少女漫画を描いているという設定だけでも、笑えます。 漫画のネタのために疑似恋愛させるという、むちゃぶり! コメディー設定で、笑わせたとおもったらきゅんとさせられたり、涙させられたり、感情が動きまくりです。

エンタメ

作品は、社会的な話題になっているジェンダーレス(性差をなくす考え方)を扱っています。 「男だから」「女だから」とういう「あり方」などない。 男性の悩み、女子の悩み、男子女子関係ない悩み、それぞれに悩みがあり、「枠」というものがあるわけでもなく、人の数だけ悩みや生き方、恋の仕方があります。 このドラマを通して、世界が本当の意味でカラフルだと感じました。 カラフルとはたった7色ではなく、億万もの色があるのだと。

エンタメ

車で移動販売している「幸せを呼ぶ珈琲屋さん」とともに、人生に悩める人が青山のコーヒー店に訪れ、さまざまな人間模様を映し出します。 このドラマには、何気ない「名言」が隠されています。 それをキャッチできるかできないか。 宝さがしのような気持で見るドラマであると言えます。

エンタメ

永瀬智也さん戸田恵梨香さん出演「俺の家の話」のネタバレです。コメディ設定のドラマですが介護経験者の視聴者にとっては強く共感できる話が多く、つらく悲しい親の介護を笑い飛ばす発想と力を与えてくれます。羽村仁成くんや、なにわ男子の道枝駿佑くんの大先輩である永瀬智也さんと共演ですから、ジャニオタにも見逃せないドラマです。

エンタメ

「ホリミヤ」は、シリーズ累計600万部を突破した超人気漫画です。このアニメを実写化。根強いアニメファンからは反対意見も多いです。主役はドラゴン桜の鈴鹿央士。 学校ではネクラの伊澄と学校では明るい優等生の京子は、共通点のある二人だけの秘密でつながります。もがき、悩みながら不器用に送っていくスクールライフの中で、仲間や大切な人とつながっていくストーリーです。中高生を持つ筆者は親世代にこのドラマをおすすめしたいです。

オーマイボス!恋は別冊で

安定と平凡を好む鈴木奈未は田舎から上京し、大手出版社でファッション雑誌編集部に配属されます。 彼女の仕事は、鬼編集部長である宝来麗子の「雑用係」。 平凡以下の奈未は仕事で、恋愛で、失敗しながら成長をしていきます。 このドラマの、大きなもうひとつの見どころは、編集長役の菜々緒さんが着こなす、ハイブランド・ファッションです

エンタメ

ドラゴン桜「日曜劇場」16年経って続編が始まりました。 ドラゴン桜は、偏差値36の高校生が東大に合格するまでのストーリーですが、中学受験の舞台においてもここから学ぶべきことが多く、お宝名言が連発しています。 大学入試が変わり、中学受験も変わります。 知識よりも「考える力」を問われるようになってきた今、勉強法や思考法も合わせなくてはなりません。 ドラゴン桜のドラマには、受験生とその親の悩みでの共感する部分が大きく、勇気づけられます。 本記事は、「ドラゴン桜を中学受験からどう見るか」について、わが子の中学受験で苦労した筆者がまとめました。