大妻中学校の学校説明会と文化祭に行った感想

中学受験

大妻中学校の説明会に行ってみたいけど、時間がない。

入試直前のエントリーを迷っている。

そんな中学受験のお子さんをもつ親御さんのお役に立てれば幸いです。

私は、娘の中学受験で、レベル・共学・別学・宗派問わず、いろいろな中学校をまんべんなく回りました。

大妻中学校は説明会の席もすぐに満席になり人気があるようでした。その秘密が知りたくて、オープンスクール・文化祭・説明会と参加してきました。

私は学校訪問したときは、毎回かならず生徒さんの5人以上に話しかけたり質問をしたりするようにこころがけています。

パンフレットだけでは知ることのできない雰囲気を、親目線で記事を書きました。

大妻中学校の学校説明会と文化祭リポート

もくじ

  1. 大妻中学校の概要
  2. 大妻中学校のアクセス
  3. 大妻中学校の校長先生
  4. 大妻中学校の生徒さん
  5. 大妻中学校の部活
    文化祭
    オープンスクール
  6. 大妻の組織が大きいという利点

大妻中学校の概要

大妻中学校は、千代田区にある中高一貫校の女子校です。
高校からの募集はありません。
皇居の近くで、環境は最高です。
近くに交番もあり、安心です。
校門横には警備員さんががっちりとガード。

生徒は登校時ホールの、大妻コタカ創立者の像に一礼します。

大妻中の公式HP https://www.otsuma.ed.jp/

大妻中学校のアクセス

大妻中学校への交通は、市ヶ谷駅・半蔵門駅・九段下駅と使えて、大変便利です。
我が家は九段下から行きました。
九段下からはちょっと距離があります(15分程度)緩やかな坂を上っていきます。 
大妻坂とも呼ばれている坂です。
ちなみにこの途中にあるコンビニには、大妻グッズが売っているのだそう。志望校にしている人は応援グッズとして購入できますね。

そして校舎に一歩踏み入れると、創立者大妻コタカ先生の像。生徒は朝コタカ先生に一礼して入るのだそうです。

大妻中学校の成島由美校長先生

成島由美校長先生は、2018年に民間企業から着任されました。
「ビジョン50」という、これからの時代を生きる女性の在り方とその土台を作るうえで中高で目指すことを明確にして改革を行っています。

実際一人の生徒さんに「新しい校長先生はどうですか」と質問したところ、
「キャリアウーマンの校長先生です」
「お手本にしたい女性といったら校長先生」
と言っていました。
このような生徒の「校長先生像」は他校では聞かないですね

成島先生が着任されてからは「ごきげんよう」という以前の大妻のお嬢様的な雰囲気から、一変して「キャリアウーマン」「できる女性」を目指す雰囲気になったと、外野からは見えました。

大妻中学校の生徒さん

大妻中学校の生徒さんはいろいろな子がいますが、ほかの学校に比べて落ち着いた子が多いという印象を受けました。
この年齢特有の「キャーキャー」したおしゃべりが聞こえてこなかったのです。

また、「ごきげんよう!」がディフォルトの挨拶と聞いています。
私が訪問したときは「ごきげんよう」は、それほど浸透していない雰囲気がしました。ちょっと照れがあるのかもしれません。

職員室前の、吹き抜けのスペースがとても明るくて、そこで先生に相談か質問をしている生徒が何人か見られました。

大妻中では、生徒もエレベーターが使えます。
ひとりの生徒さんが、ぶっちゃけた話をしてくれました。
「でも、先輩が同乗しているとちょっと気まずいので私は使いません」

ある生徒さんに、「うちの娘(受験生)にアドバイスお願いします」とお願いしてみました。
月並みな「頑張って」ではなくて、「私はできないところは何回も何回も泣きながらやりました。回数をやることだと思います」と具体的なアドバイスがいただけました。

大妻中は、上履きがないようです。

履き替えずローファーで一日過ごします。もちろん体育館履きはあります。 

大妻中学校の部活

大妻中の部活は、優秀な成績を残している部活が多いです。

なかでも、合唱部・バトン部・書道部が有名で数々の賞をとっています。ホールには、表彰状やカップが飾り棚に所狭しとならんでいます。

文化祭に参加して

大妻講堂は、大妻大学と共同の建物です。
そのため、大妻中学の校舎からは道路を挟んで向かいになります。 
文化祭では、生徒がシフトで交通整理に当たっていました。

大妻講堂での発表で心にのこったのは、演劇部です。
自分たちでストーリー・シナリオも書いているようです。とてもクリエイティブで、こんなものを中高生が書けるのかと感動しました。

バトン部のクオリティーが、賞をとっているだけあり、すばらしかったです。ただ、部員さんもかなりの人数がいますので、舞台に立つことのできない部員のほうが多いのだと思います。
学年ごとにパフォーマンスをするのですが、中学生だととにかくバトンを落とさないようにと緊張しているのが伝わります。高校生になると貫禄が見え隠れし、笑顔の裏にはものすごい練習量があるのだろうと思います。

合唱部の講演は、人気がありすぎていっぱいで見ることができませんでしたが、大妻中合唱部の大会の様子はYouTubeでも視聴できました。

普段あまり書道や華道に興味がない筆者ですがが、華道を見ると生徒がなんとなくわかるので、華道をじっくり見ることにしております。
マニュアルに沿うのか、自由な発想な子が多いのか、意外と参考になるからです。 
あくまでも個人的・素人的な感想ですが、大妻中高は「枠にあまりはみださないお嬢様的」な雰囲気な子が多いのではないかという感じがしました。

オープンスクールに参加したレビュー

大妻中学校のオープンスクールは部活動体験が事前申込制で、申し込みの当日で埋まってしまいます。
筝曲部の体験が何とか確保できました。

娘についてくださった中学生が、琴をさわったこともない娘に琴の爪をつけてくださり優しく指導してくださいました。
娘がポーンと音を出しただけで、「上手、上手!」なんて手をぱちぱちと叩いてくださり、ありがたかったです。

おみやげに、大妻中のロゴ入りクリアファイルをいただきました。

大妻の組織が大きいという利点

大妻大学では、2018年に金井宇宙飛行士をお呼びし講演がありました。
そこに大妻大学をはじめ大妻中高・大妻中野・などから何名かの代表生徒を参加させていました。こんな体験を中学高校でできたら、人生が変わりますよね。

大妻大学では毎年、著名人の方をお招きして講演をやっているようです。

このようなことは、組織が大きい故にできることです。
大妻中はこの点においても、ほかの学校にはないメリットがあると感じました。

【まとめ】大妻中学校のオープンスクールと文化祭に行った感想

  • 大妻中は部活が優秀
  • 学校の理念と方針が明確
  • 生徒は落ち着いた子は多い
  • 図書室が入りやすい場所にある