中学受験

首都圏の私立中学の中には、ユニークな「ほかの学校にはないウリ」の施設または教材を持っている学校がありますので紹介します。首都圏外は広く使える土地や自然が多く、さまざまな自慢の施設があります。限られた敷地面積を使って、生徒の興味を引き出す試みに投資する私立校の精神はすばらしいと思います。

中学受験

男子は服装には無頓着。半面、女子では学校を「制服のかわいさ」で選ぶという話はよく聞きます。または「この学校は気に入ったけど制服だけがどうしてもありえない!!」「制服のダサさ」で受験校候補からはずすということは、女子ではあるあるです。女子を持つ親御さんは、制服チェックはマストと言えます。

中学受験

多くの選択肢のなかから併願校を決定する方法 男女共学か別学か、偏差値で学校選び、通学時間で学校選び、施設の充実度での学校選び、中高一貫校か高入ありか、部活で選ぶ雰囲気 校長先生で志望校を決める、面倒見の良さで志望校を決める、女子は制服で選ぶこともある

中学受験

中学受験の学校選びでは、男女別学か、共学化というところで悩みます。どんなメリットデメリットがあるのでしょう。現在、女子校はどんどん共学化されてきており少なくなっています。これは理念上ではなく経営上のためです。学校選びをする際には、この点も慎重にお調べになったほうが良いと思います。

中学受験

偏差値アンダー50の子には、暗記ものには工夫が欠かせません。歌・動画・学習マンガ など、右脳にも働きかけて、勉強をすこしでも苦しいものでなくすように工夫してあげましょう。

中学受験

「過去問は2年で大丈夫!」受験御指南本には、過去問は最低5年分をやれ、10年分が基本だとか書かれていますが、基準は偏差値30台から70台まですべて同じでしょうか?開成とか女子学院を目指している方はそれなりの戦いがあります。アンダー50組ではアンダー50の戦い方があります。できることを効率よくやらなくてはいけません。うちは2校を2年分を丁寧にやりました。

中学受験

6年生の夏明けにドカンと成績が下がりました。第一志望の学校は、「チャレンジ校」となりました。 そして第二志望校に行く可能性があがりました。第二志望をこの時期に真剣に探すことになります。 この時はこんな大事な決定をこんな短い間に決めることに戸惑いがありました。でも、そのときに決めた学校に通っているわが子を見て、今ならラッキーと言えます。

中学受験

教育上は普通に学校へ行かせることがベストでしょう。その信念は曲げないというご家庭を尊敬します。お子さんによっては学校に行くことが息抜きで、かえって勉強がはかどる場合があります。そのようなご家庭は、ぜひ通常通りの通学をなさっていただきたいと思います。うちは3学期は休ませましたが、休ませることをおすすめしている記事ではありません。

中学受験

部活の充実は学校生活の充実です。試合やコンテストの実績のある優秀部活がある中学では、お子さんが本格的に活躍できる可能性が広がります。お子さんが「青春できる」環境が存分に与えられるよう、悔いのない志望校決めをなさってください。首都圏中心で、中堅校・上位校一部(偏差値55以下)シリーズです。