年の差婚ドラマ【まとめ】1話のネタバレと感想 葵わかなキスシーン

エンタメ

葵わかな主演『年の差婚』は、12月15日からTBSで毎週火曜日放送です。
中間淳生の漫画「年の差婚」を実写化したドラマです。

ラブコメ大好きな筆者が、あらすじやネタバレ感想を全話つづっていきます。

年の差婚ドラマ【まとめ】1話のネタバレと感想 葵わかなキスシーン

もくじ

  1. 年の差婚 キャスト
  2. 年の差婚 あらすじ
  3. 年の差婚 ドラマ主題歌
  4. 年の差婚1話ネタバレ
  5. 年の差婚1話感想
  6. 年の差婚2話~最終回まで

年の差婚 キャスト

  • 村上舞衣子 (葵わかな)・・24歳 箱入り娘
  • 花里晴海 (竹財輝之助)・・44歳 バツイチのイケオジ
  • 村上源一郎(吹越満)・・・60歳 舞衣子の父
  • 西村美雪(松本若菜)・・・41歳 晴海の前妻
  • 竹田紫(河井青葉)・・・34歳 晴海の上司 
  • 茂吉(EXILE吉野北人)・・・25歳 舞衣子の大学の同級生
  • リオン(小野寺晃良)・・・22歳 舞衣子のはとこ

年の差婚あらすじ

社長令嬢の村上舞衣子、24歳
箱入り娘だから、男性とお付き合いした経験はゼロ。
父親の会社の大事な取引先の社長の勧めがあって、お見合いすることに。

葵わかな 竹財輝乃助

お相手は花里晴海、44歳バツイチ。
晴海は、舞衣子よりも20歳年上の中年。
一度会って断るつもりだった晴海
お嬢様でちょっと世間ずれして、でもまっすぐでひたむきで純粋な舞衣子。

20歳の年の差の結婚生活。

竹財輝之助さんの演技とイケオジ度にキュンし、葵わかなさんのかわいらしい表情にキュン。

そしてラブラブな新婚生活。そんなときにつぎつぎと現れる邪魔者にハラハラドキドキ。

「年の差婚」の展開に目が離せなくなります。

年の差婚 ドラマ主題歌

「シェイクスピアに学ぶ恋愛定理」by 原因は自分にある。

「TO-KE-TE] by HAN-KUN 

年の差婚1話のネタバレ

年の差婚 1話目12月15日放送のネタバレです

年の差婚コミック無料で読める

結婚式のシーン。
花嫁控室で熱心に勉強中の舞衣子。
何を勉強しているかというと「はじめての夜のハウツー」本。

舞衣子はお嬢様で箱入り娘。男性とお付き合いしたこともありません。
ですから何もかも、マニュアルに頼る。それを心底信じて疑わないところが舞衣子の面白いところ。

結婚に至ったわけは、父親が持ってきたお見合いの話から。
ある日父親が盲腸になり、苦しんだときに気づきます。

「自分が死んだら舞衣子がひとりぼっちになってしまう」と父親の心配が止まらなくなります。彼は、舞衣子を自分の選ぶ人と結婚させたいと思います。

父が選びたいと思うには、これまで舞衣子が連れてきたカレシがひどすぎたから。
詐欺師、パンクロッカー、、、。
全く男を見る目の無い舞衣子に、父親は取引先の男性、バツイチ44歳の花里晴美を舞衣子とお見合いさせることに決めます。

お見合いの当日です。
ホテルのカフェでお茶を飲む二人。
「趣味はですね、、、」

と晴海が切り出したその時、ウエイターがそそうを起こしラテをこぼしてしまいます。

そんなそそうを起こしたウエイターに、
「気にしないでください」
と晴海の紳士的な態度に、舞衣子はビビビッ!と来てしまったのです。

舞衣子は、10歳下の男性と結婚している職場の女上司竹田から「年が離れた人とお付き合いをする心構え」を聞きしっかりメモします。

・体力的な差異があるので気遣いが必要
・唇の乾燥が激しい
・カラオケは年代差のため楽しめない

竹田アドバイスを鵜呑みにした舞衣子が、3回目のデートに臨みます。

晴海の体力をいたわって晴海をベンチに座らせてあげたり、
「唇のケアはどうされてますか」
「カラオケの必要性はどう思われますか」
昨日聞いた課長のアドバイスをそのまま質問で投げかけてしまいます。

晴海は舞衣子に告白します。
「実はお父さまの紹介であなたとお見合いしましたが、一度お会いしてお断りするつもりでした。あなたにはもっとふさわしい男性がいます」

すっかり「その気」になっていた舞衣子は、それを聞くと困惑して、
「私は花里さんが好きなんです。花里さんは私のことがお嫌いですか?」
と直球で返し唇を近づけます。

固まっている晴海に気が付くと、
舞衣子「あ、3回目のデートでキスと決まっているのに、お見合いの日は1回目に数えないのですか?!」
というリアクション。

そんな舞衣子に晴海は惹かれている自分に気が付きます。
舞衣子は晴海の気持ちがわかると、早速バッグから「記入済みの婚姻届け」を出し手渡しながらプレゼンのような口調で発表します。
「婚前交渉はお断りいたします」

それから3か月後、二人は結婚式を挙げることになります。
そして舞衣子にとってはまさに初めての経験の「初夜」です。

舞衣子「なにぶん、経験がございませんのでご指導のほどよろしくお願いします」と真剣な表情でバスローブをとります。

そして、二人の新婚生活が始まります。

晴海の作ってくれる朝食に目を丸くして、おいしそうにほおばる舞衣子です。

年の差婚1話の感想

3回目のデートでキスと書いてあったので、という理由で突如キスをしようとする舞衣子は、天然すぎる!

しかも晴海が固まってたら、「初日は1回目に数えないのですか?」なんて天然中の天然発言。

初夜のベッドシーン。
かわいらしい舞衣子がセクシーなシーン!と見てはいけない気がしましたら、くすっと笑わせる展開でした。
でも、わかなさんとてもまぶしくて、素敵でした。

年の差婚 2話から最終回まで