こんぺいとう 中学受験やドラマの話

オー!マイ・ボス!恋は別冊で 1話ネタバレと感想【まとめ】

オー!マイ・ボス!恋は別冊で

「恋は続くよどこまでも」で大ブレイクした上白石萌音さんが、再び恋愛ドラマの主演に。これは見るしかありません。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』TBS系。

火曜日10時が待ちきれません。

ドラマ大好きママのこんどうが、ボス恋の感想をつぶやきます。

オー!マイ・ボス!恋は別冊で ネタバレと感想【まとめ】

もくじ

  1. ボス恋 キャスト
  2. ボス恋 主題歌キスマイ
  3. ボス恋 あらすじと見どころ
  4. ボス恋 1話のネタバレ
  5. ボス恋 1話の感想
  6. ボス恋 2話の予告
  7. ボス恋 2話からのネタバレと感想
  8. 宝来麗子の名言集
  9.  

ボス恋 キャスト

鈴木奈未(上白石萌音)・・・編集長宝来の雑用係、平凡と安定を好む
宝来麗子(菜々緒)・・・編集部の鬼ボス・バリキャリ
潤之介(玉森裕太)・・・カメラマン、おぼっちゃま
中沢涼太(間宮祥太朗)・・・編集者
鈴木真未(宮崎美子)・・・奈未の母 
鈴木義郎(橋爪淳)・・・奈未の父 本屋を営む。小説家が夢
宇賀神慎一 (ユースケ・サンタマリア) ・・・副社長
半田進(なだぎ武)・・・副編集長
宝来勝之介(宇梶剛士)・・・麗子と潤之助の父
和泉遥(久保田紗友)・・・デキる同僚

鈴木家

ボス恋主題歌 キスマイ

Luv Bias」(ラブ バイアス)by Kis-My-Ft2 キスマイ
2月24日発売。

ボス恋 どんな話?見どころは?

安定と平凡を好む鈴木奈未は田舎から上京し、大手出版社・音羽堂出版の「ファッション雑誌編集部」に配属されます。
彼女の仕事は、鬼編集部長である宝来麗子の「雑用係」。

失恋をした奈未は、潤之介と出会います。
恋の行方は?

このドラマの、大きなもうひとつの見どころは、編集長役の菜々緒さんが着こなす、ハイブランド・ファッションです。

こちらについては別の記事にしました。
ボス恋 玉森裕太・菜々緒のファッション小物とショップはこれだ!

メンズファッションのほうも、
「死ぬときは洋服に囲まれて死にたい」
という名言(?)で有名な大の洋服好きの玉森裕太さん(キスマイ)も注目!

ボス恋 1話 ネタバレと感想

1月12日火曜日 午後10時 公開のボス恋ネタバレです。

鈴木奈未は田舎町出身。好きな言葉は「安定・平凡」。

奈未の小学生時代「将来の夢」の作文を発表するシーン。
「将来は、安定していればほかは何もいりません」

幼馴染でひそかに片思いしている健也はすでに上京し東京で暮らしています。奈未も彼を追いかけ東京で就活をすることに。

奈未は、大手出版社・音羽堂出版の「備品管理部」の面接を受けることになりました。
3時の面接まで、外のベンチで待とうと腰掛けようとしたところそばにいた潤之助に止められます。
なんとそのベンチはペンキ塗りたて!
スーツのスカートにペンキの跡が!

奈未は潤之助に、高級ブランド店に連れていかれて素敵なスーツを選んでもらいます。
お会計、1桁勘違いするほどのお値段。ゼロがひとつ多かった。
そう、そこはアルマーニ!

なんとか面接を乗り切り、採用されます。

ただ、配属されたのは備品管理部ではなく新設された「ファッション雑誌編集部」でした。

奈未は状況をつかめないままに初出社します。

会社で迷子になった奈未は、通りかかった宇賀神慎一に「ファッション雑誌編集部」の場所をききます。 
宇賀神は副社長。奈未はそれを知りません。

無事に編集部に到着
奈未「今日から配属になりました鈴木と申します!!」
編集部ではあわただしく仕事が展開されており、誰も聞いていません。

半田進「これから急いで青山のレストランに行ってくれ」
上司から奈未に命じられた奈未は、青山のレストランに。

そこに、美しすぎる女性がフランス人とフランス語で食事をとっています。
彼女は奈未に自分の荷物をすべて持たせ、その場を去ります。
奈未はその女性は、モデルだと思い込みます。

やっとの思いで編集部に戻った奈未は、編集部のメンバーにさきほど会った「わがままモデルの女」の悪口を言いかけます。
皆の目線をたどると、そこにはあの「わがままモデルの女」がいました。

その女性の実体は、フランスから来た宝来麗子で、新たに創刊になるファッションモード誌「MIYAVI」の編集長つまり、自分が配属の部署の上司でした。

「宝来麗子が笑うときはお金が動くとき」通称「悪魔のほほ笑み」
2か月後、MIYAVIを30万部実現させるという麗子からの発表に、皆は騒然となります。

奈未は宝来麗子の「お世話係」という仕事を言い渡されます。 
仕事内容は、朝は麗子のいつものソイラテの準備から始まり、荷物持ち、車の手配、飛行機の予約などなど。

聞いたことのないブランド名やファッション用語に、奈未はあたふたしまくりです。
先輩である中沢涼太は、自分が新人時代に使ったファッション用語辞典を奈未に譲ります。
彼は、ここでは皆「野心」をもって仕事をしていると話します。

朝早くから夜遅くまで息をつく間もない毎日に、奈未は、理想である安定とかけ離れた生活を送ります。
同僚「自分の夢をつかむために私は宝来麗子に喰らいついて行く」

安定志向の奈未は、夢や野心を持つ同僚たちを見てカルチャーショックを受けます。

そんな中、奈未は片思いで幼馴染の「ケンちゃん」に失恋をします。彼には婚約者がいたのです。

放送中の人気ドラマやバラエティを見逃しても安心!【paravi】

また麗子から電話があり、車を手配するように言われます。

また彼女の私用で呼び出されたと思い、奈未はもう我慢なりません。

奈未「これではまるで召使。人並な仕事がしたい。」

麗子「人並?平均の仕事すらできないあなたには、人並なんておこがましいんじゃない?」

奈未「辞めます」

失恋と仕事のことで、すっかり落ち込んでいるところに潤之助が現れ、海にツーリングに誘われます。海を見ながらの二人の会話です。

奈未「皆みたいに夢ややりたいことも無くて取り残された気持ち」

潤之助「夢なんてなくてもいいんじゃない? 夢にとらわれて笑えなくなったら意味がなくない?」

そのとき同僚から電話があり、麗子がデザインしたMIYAVIの創刊号の表紙の撮影に使うバラの花を用意するのに、間に合わないというピンチに陥っていることを知ります。

奈未はバラ園でのロケ撮影を提案しますが、翌朝、今度はバラ園の持ち主が許可してくれないという困難が待ち受けていました。

バラ園で、土下座する宝来麗子。

麗子「バラを愛したマリーアントワネットはまるであなた」

バラ園の撮影許可が下り、無事表紙の撮影がスタートします。

宝来麗子は、花がモチーフで有名なデザイナーの作品を使った表紙を創刊号に使うことを決めていたのです。

これを使えば5千万円の、広告料が入ってくるということだったのです。

麗子「5千万円なら、私の土下座も安いものよ」
悪魔のほほ笑みです。

奈未はバラ騒動でもお世話になった潤之助にお礼を言うと、今度は彼もお願いを聞いてほしいと。

母にしつこくお見合いの話を持ってこられる潤之助は、お見合いをことわる口実に「付き合っている人がいる」と母に伝えてしまったのです。
潤之助「俺の彼女になって」

見せかけの彼女となることを約束した奈未でした。

ボス恋1話の感想

 幼少時代の奈未。

 それにしても、萌音ちゃんに瓜二つな子役さん!
 宮崎美子さんも萌音ちゃんと似ていませんか?

放送中の人気ドラマやバラエティを見逃しても安心!【paravi】

麗子のルックスオーラがすごすぎてほかの皆の存在が薄れてしまうけど、実は編集部のみんなもファッションがすごい!

課長も、いつも違う花柄のシャツ着てて強烈。でも実は高級ブランドなんですよね?

麗子の土下座。
しかも白いパンツと白いコートで。 バレンチノの白バッグも地面にほっぽっちゃって!!

副社長の宇賀神が現れるときだけ、麗子の表情が緩むけど、 麗子は宇賀神に特別な感情があるのかな?気になる!

ボス恋2話の予告

ボス恋2話のネタバレと感想 奈未の大失態と麗子のスピーチ

ボス恋2話からのネタバレと感想

放送中の人気ドラマやバラエティを見逃しても安心!【paravi】

ボス恋 宝来麗子名言集

  • ファッションは人に夢を与える
  • 2000万円なら土下座も安いものでしょ
  • おもしろい2択ね
  • ウソはウソにしかならない
  • 結果が出せない無能な人間は必要ありません
  • あなたがしゃべっていいのは私に質問されたときだけunderstand?
  • ブランディングをすればいいのです
  • 追うべきところは私じゃない、仕事よ
  • 道筋はつくった、私は去る
  • 紙の雑誌でなくてはならない意味がある
  • 一生懸命やってダメだったとしても無駄にならない
  • どうせ悩むなら、夢か夢じゃないか悩むんじゃなくて、夢にしてから悩め (by中沢)
  • 宝来麗子英語スピーチ