中学受験では志望校変更はいつまで?直前でも大丈夫

中学受験

5年生から偏差値50らへんをウロウロしていたわが娘。

第一志望A中学には日能研模試の安全圏に届きそうで安心していたのですが、6年生の夏明けにドカンと下がりました。

第一志望の学校は、「チャレンジ校」となりました。
そして第二志望校に行く可能性があがりました。

12月に入って娘から、第二志望が嫌い、この学校は受けないと宣言され、第二志望をこの時期に真剣に探すことになります。

この時はこんな大事な決定をこんな短い間に決めることに戸惑いがありました。

でも、そのときにとつじょ決めた学校に通っているわが子を見て、今なら言えます。

そんな境地にいるときに目の前に現れてくれた学校こそが、縁のある、子供に幸せをもたらす学校なのだと。

土壇場で決めたからこそ、「導かれた進路」。それを実感できる時は、中2あたりでやってきます。

ですから、今悩める受験ママに言います。

「土壇場になって志望校を決め直すことができて良かった!」

志望校変更はいつまで?直前でも大丈夫

もくじ

  1. 第二志望を受けないと言い出した
  2. 直前の第二志望校変更のストーリー
  3. 12月にも学校説明会・イベントはまだまだあった!
  4. 二次募集も考慮にいれておく

「第二志望を受けない」と言い出した

夏明けの模試の成績で、第二志望に行くことになりそうな予感が日に日に強まってまいりました。

人生経験約12年の子どもには、第一志望しか目に入りません。
「万一落ちた場合に」と言っても、落ちるわけないと思っていますから、第二志望を現実に感じさせるのは無理に近いですね。

B中学という第二志望校は、私が適当に決めていました。
適当と言っても、もちろん文化祭や説明会には行って悪くない印象だったので、模試の第二志望の欄にはずっとこの学校を書いていたのです。

12月のことです。
娘が突然言い出しました。

娘「あたし、B中学は受けない」

母「A中学がダメだったら公立ということになるのだけど、それでもいいの?」

娘「公立だと皆に落ちたことがばれるんだよね。でも、B中学よりはましかな。」

私たち親子は苦しい選択を迫られたのです。クリスマス

直前の第二志望変更のストーリー

第一志望がダメなら公立。

そんな厳しい選択をするまえに、まだ説明会をやっている学校を見てから決めてもいい。
そう提案しました。もちろん第二志望ですから、偏差値的にもあまり選り好みはできないことは承知です。

・持ち偏差値相応
・女子校であること
・高入がない一貫校であること
・45分以内の通学時間

うちの条件はこの4つ。
以前は「絶対ゆずれない」条件が、この時は「できれば」になっていました。

母親の役目として、夜中まで検索。
どうやらC中が、我が家の4つの条件を満たしてはいます。
中高一貫ではないけど、妥協すればOKと思える学校は、3校あります。

C中は1週間後に説明会と学校公開があったので、大急ぎでミライコンパスで予約。
あとの学校は夜の説明会で、娘は行けず私だけの出席になりそう。

ホームページみたところ両方ですが、娘は学校の偏差値を気にしており、自分の持ち偏差値より下だと見栄を張って2校とも却下されました。

結果的に、週末に見に行けたのはたった一校。
その学校がC中。そして第二志望とすることになりました。

今回は100%娘が決定です。
娘に、この学校のどこが気に入ったのかきいてみました。

・生徒が話しかけてくれたところが良かった。
・学校の名前は知っていた、活気がある。
・駅から遠く坂がきついけど、通学時間はぎりぎり45分で想定内。 
・自分の持ち偏差値に近い

親的には、第二志望にするには偏差値が「余裕」がないかと不安でした。

調子がわるいときには、この学校の偏差値よりも5ポイントくらい下を娘は何度かとってましたから、決して余裕とは言えませんでしたが。

そしてこの決定(第二志望変更の旨)を伝えるため、塾の担任の先生と急遽面談となりました。

先生には「まあ油断はできませんが、本人の希望であればいいでしょう。」とOKをもらいました。
「ただ、2月1日には第一志望でなくて、この第二志望を受けてください」ということは念を押されました。 

複数回ある入試の中で、2月1日の回が一番偏差値が低いからです。
同じ学校でも、入試の回によって5ポイント以上差が出ることもざらにあります。
ほかの回を受けていたら落とされていたかもしれません。

12月にも学校説明会・イベントはまだあった!

「11月の文化祭を逃してしまった。」

「12月ともなると、学校説明会より入試説明会ばかりでは?」

この時点での学校探しって、、と思ったら大丈夫でした。あわてて第二志望探しをする人はうちだけではなかったようです。ただしあくまでも「第二志望的存在」の学校ばかりでしたが学校説明会は12月に多数開催されていました。

親切に、土日だけでなく平日夜の説明会もあります。

キリスト教の学校ではクリスマス会的なイベントもありますし、音楽会、英語スピーチコンテスト、化学発表会なども公開する学校もあります。

今年はオンラインの説明会が主流なので、例年よりも多く説明会の席は確実に多いはずです。

二次募集も考慮にいれておく

二次募集や2月6日以降の中学入試については記事を書きました。

中学受験 二次募集 2月6日以降もあきらめない 

【まとめ】志望校変更はいつまで?直前でも大丈夫