こんぺいとう 中学受験やドラマの話

理想のオトコドラマ6話不安な気持ちのネタバレと感想

理想のオトコ

燈子と安積は、ミツヤスのことで大ゲンカ。
お互いに連絡を取り合っていません。

安積は夫とは「すれ違い」の溝が深くなってきています。
そこに高野が入るスキを狙っています。

燈子はミツヤスとは付き合っている「つもり」でしたが、とうとう5話では正式に告白されました。
二人のお付き合いが始まったばかり。
これで、めでたし二人の安泰な毎日が始まると思いきや、、、。

理想のオトコドラマ6話のネタバレと感想 

もくじ

  1. ドラマ理想のオトコ6話のネタバレ
  2. ドラマ理想のオトコ6話の感想
  3. 理想のオトコ7話の予告
  4. 理想のオトコドラマを全話視聴するには
  5. 理想のオトコ【まとめ】

ドラマ理想のオトコ6話のネタバレ

ミツヤスと燈子の関係が発覚して、怒り心頭だった安積でしたが、ミツヤスの原稿が間に合って仕事的にはほっと胸をなでおろします。

安住はクローゼットにかかっていた夫のスーツから、覚えのない女性ものの香水が香ってくるのに気が付きます。
そして、思わず夫にそのことを聞いてしまいます。
夫「してもいないことで疑われているなら、いっそしてしまったほうがましだ」

高野からも、燈子のお見舞いで病院であったときの夫の香水について指摘されます。
安積は、夫とうまくいっていると高野にウソをつきます。

高野「あなたが好きです」
安積は不意にキスをされます。

燈子と安積は、この前の喧嘩からお互いに連絡を取っていません。
お互いにダイヤルをしようとするのですが、自分の言ったことのひどさを思い出すとかける勇気がでないのです。

ミツヤスは、新しい作品に取り掛かるために山にデッサンに出かけます。
燈子のことを忘れたわけではないのですが、漫画に没頭しているときは周りが見えないのです。

ミツヤスは、何の連絡もせずに突然何日も家を空けたのでした。

燈子はミツヤスに手料理を作る約束をしていたので、張り切って買い物に行ったのでした。

すっぽされ、電話もこないし、かけてもつながらない。
不安な時間がながれます。
せっかく正式にお付き合いすることになったというのに。

燈子は、孤独で不安な気持ちが仕事にも影響してしまい、大きなミスをやらかして落ち込みます。

そんなときに圭吾が燈子の近くにいました。
圭吾「やはり燈子はミツヤス先生におまかせするわけにはいきません」
圭吾は、ミツヤスに電話でそうきっぱりと告知するのです。


燈子「私やっと自分の正直な気持ちにきづいたの」
燈子はそう言って圭吾の肩に身を寄せます。

ドラマ理想のオトコ6話の感想

遠回りに遠回りを重ね、やっと正式にお付き合いでやれやれと思っていたら、またミツヤス先生の不可解な行動が始まりましたね。
オタク気質の人との恋は、難しいのでしょうか。

安定を求めるのであれば、安積じゃないですが、圭吾が絶対おすすめです。
でも、感情というものは合理的に動くものではないですね。

理想のオトコ7話の予告

理想のオトコドラマの見逃し配信

理想のオトコのドラマは、パラビが全話配信しています。

ドラマ理想のオトコ【まとめ】