こんぺいとう 中学受験やドラマの話

中学受験 上位校じゃないと意味はない?向いている子

中学受験

「上位校じゃなければ進学する意味がない」
「第一志望じゃなければ意味がない」

中学受験に対してこのようなイメージを持つ親御さんは、多くいます。

第一志望校に合格できる子は、全体の約3割だと言われています。
つまり中学受験する7割は第二志望以下の学校に進学しているのです。

「中学受験は普通の子にこそ意味がある!」

と私は声を大にして言いたいです。
そのわけを本日は記事にしました。

中学受験をさせようかどうか、中学受験撤退をしようか迷っている親御さんに決断材料にしていただければ幸いです。

中学受験 意味はない?向いている子とは

もくじ

  1. 中学受験はなぜするか
  2. 偏差値50のうちの場合
  3. 公立中のデメリット
  4. 公立中のメリット
  5. 私立中のデメリット
  6. 私立中のメリット
  7. 偏差値50以下の中学に進学する意味
  8. 面倒見のいい学校とは

中学受験はなぜするか

日本では5人に1人が中学受験をすると言われています。
学校によってはクラスに1人だったり、クラスの半数以上だったりと、地域性も大いにあります。

中学受験をしなくても、3年後には高校受験はします。
受験を12歳でするか15歳でするかだけの違いです。

中学受験と高校受験では塾の費用もあまり変わらないと思いますが、高校受験のほうが塾無しの比率は高くなります。

高校受験では「自主的な勉強」をやれるのに対し、中学受験では「やらされ感」が強いのではないかと論じられています。

私は中学講師をやっておりますが、そう思いません。
小学生も中学生もまり変わらないという印象です。

特に男子は中学ではまだまだ幼いです。
自分の将来のために勉強するというより

「叱られないために勉強する」
「ヤバイから勉強する」

という目先の体裁でやれればまだいいほうです。

偏差値50の子私立中に期待するもの

我が家の娘を私立中に入れた理由は、以下の3つの期待があってです。

✅一人っ子なので、姉妹のような存在の一生付き合える親友を6年間で見つけられるのでは?と期待した。

✅部活に5年間打ち込んで、それなりの成果が出して勉強以外でも活躍できたら、と期待した。

✅勉強面では、「同じくらいの能力の子が集まっているほうが効率が良い」のと、競争が性格的に得意ではない娘には平和なのではと期待した。

結果:期待は外れていませんでした。
卒業してみなければ「一生付き合える親友」ができたかというところはわかりませんが。

うちの子は国語が「極端に」苦手なのですが、難関校にひっかかっていたら、周りが優秀な生徒が多いので完全にビリになったと思います。進学した偏差値50程度の学校では、娘は国語は平均点をやっと取れるくらい。それでも大喜び、自己評価を下げることがなく、胸をなでおろしました。

公立中のデメリット

  • 常に中の下に合わせた授業
  • 生活態度・授業態度に問題がある生徒が妨害になる
  • SNSが盛ん・プレッシャーになることも
  • 部活は中1と中2の2年間だけ

公立中にはいろいろな子がいます。
小学校で習う単元があやしい子と、常に学年トップをとる子が同じクラスにいます。

公立では落ちこぼれを作ってはいけない方針のため、教師は中間層ではなく中の下あたりに合わせているため、高校受験に立ち向かえる授業がしにくい。

やる気がない層・意識の低い保護者もいるので、トラブルが起きやすいです。

公立中のあるあるですが、スマホのルールがゆるく、ライン・SNSが盛んです。
SNSの投稿に「いいね」をつけないと仲間外れにされるというようなプレッシャーで悩む子も少なからずいると聞いています。

公立中のメリット

  • 多様性を早い時期に学べる
  • 義務教育なので、授業料は無料
  • 給食がある
  • 小学校と同じような顔ぶれ

地域に根差しているので、小学校から一緒のメンバーも多くなじみやすいですね。 それがデメリットにつながることも少なくないですが。

私立中のデメリット

  • 人間関係の新たな構築
  • 授業料・入学金が高額
  • 通学に時間と電車代がかかる
  • 寄り道の誘惑がありそう
  • 中高一貫で高校受験がないと途中でダレることもある

知り合いがいないので、人見知りさんはハードルが高いですね。でも、「心機一転」新たな気持ちで始められるという利点にもつながります。

高校受験がない分、進み具合が早く、3学期には次の学年の内容に進みます。ダレていると途端におちこぼれ、肩たたきにあうこともあるので、親は気が休まりません。

私立中のメリット

  • 中高一貫校だと部活が高2までコンスタントにできる
  • ルールが厳しい(スマホやライン)
  • 人間関係を6年間はぐくむことができる
  • 同じような能力の子が集まっている
  • 特別講座が充実している
  • 高校募集のある一貫校の場合、中学で入ったほうが入りやすい偏差値である

私立中は補習や再テストがしつこくあります。英検対策講座やプログラミング講座など、充実していて、中学では塾に行く必要はありません。

同じくらいの能力の子が集まっているので、先生も教えやすくて授業の効率が良いです。

礼儀やスマホルールなどに厳しく、一線を越える前に取り締まれます。

偏差値50以下の中学に進学する意味

私は、偏差値50以下の子にこそ一番意味があると思っています。

偏差値50から下の学校はたくさんあり、多様です。

そして偏差値50以下の学校は「優待生」をとるところが多いです。
優待生とは、あるレベルの成績を修めると入学金が半額になったり免除になったりするシステムです。

おトクということもありますが、なによりお子さんが選ばれた人として、自己評価を上げられたらどんなに良いでしょう。

自己評価が上がれば、自主的に勉強もやる気になったり、模範でいようとしますから伸びるはずです。優待資格は一年更新なので、気も締まります。

仮に第一志望にぎりぎりで受かったとして、それは非常にラッキーではあります。どちらが幸せな中学校生活を送れそうでしょうか? 

答えは、「どちらもアリ!」

つまり第一志望に引っかかればラッキーですし、不合格で第二志望に進んでもラッキーでハッピーな学生生活は送れるというわけです。

おおたとしまさ 入れる学校が幸せな受験

面倒見の良い学校とは

偏差値50以下は「面倒見の良さ」をうたっているところが多いです。これについては詳しい記事を書きました。

中学受験 面倒見の良い学校とは

中学受験 意味はない?向いている子とは【まとめ】

偏差値50以下「普通の子」にこそ、中学受験の意味があります!