こんぺいとう 中学受験やドラマの話

ウチカレ7話の感想とネタバレ 私はどこから来たの?空の本当の父と母のこと 

ウチの娘は、彼氏が出来ない

ウチの娘は彼氏ができないの6話では、O型からAB型は生まれない・空は碧が本当の母親ではないということを空自信が知ってしまいます。

空はショックで家に帰れず、一晩ヒカルとマンガ喫茶で夜を明かします。

明け方に家に帰ったら、碧はすでに起きてコーヒーを入れていました。

「母ちゃん、私、母ちゃんの娘じゃないの。」

ウチカレ7話では、空の迫真の演技「取っ組み合いシーン」が2回も見れます。

ウチカレ7話の感想とネタバレ 空の本当の父と母 

もくじ

  1. ウチカレ7話のネタバレ
  2. ウチカレ7話の感想
  3. ウチカレ8話の予告
  4. ウチカレのまとめ

ウチカレ7話のネタバレ

ウチカレ7話のネタバレになります。

空「母ちゃんが母ちゃんじゃなかった。母ちゃんはだれ?」

空がどこから来たのかを、碧は語り始めます。

碧「死のうとして樹海に行ったら赤ちゃんがかごに入って泣いていた。
それがあなた。」

ところが「樹海に捨てられてていた話」は、碧の小説から引用した話でした。

つまりこの話は作り話だったことが空にばれてしまいます。

昔の事情を知っているおだやの面々のところへ駆けつけ、問いだす空。

空は、おだやの3人とヒカルを証人として参加させ、碧に本当のことを話してもらうことにします。


碧の20年前の話。

碧「当時交際していた男が消えて、探したら元恋人の女性がいた。

臨月で病気もあり、入院させ、そのまま碧が彼女の世話をすることになる。

母親にもしものことがあったら、赤ちゃんは自分が育てるから安心して生むように約束した。無事あかちゃんは生まれて、「空」と名づけた。
そして母親は他界した。」

これが本当のこと。

空「勝手な女だな。勝手に赤ちゃん生んで、母ちゃんに子育て押し付けておいてさ」

その言葉に碧は怒り、初めて空の頬をたたきます。

空は動揺し、赤ちゃんのように声を上げて泣くのでした。

おだやに移動し、お汁粉を食べさせながら、空のそばには沙織がいました。

沙織は自分が妊娠したことがある話をします。

自分は赤ちゃんをおろしてしまったので、生むという決断がどんなに愛があるかを話すのでした。

空は叫びます。

空「母ちゃんの娘が良かった~!!」

その音声を沙織は碧に送ります。

あの子の父親はどこかに生きている。あの子を取られちゃうかもしれない、と不安で押しつぶされそうな気持になります。

漱石は静かに碧の話を聞くのでした。

碧は、空の産みの母「すずさん」の写真を空に見せます。

碧「キレイな人でしょう。似てる!」

空はあらためて、言うのでした。

空「母ちゃん、今まで育ててくれてありがとうございます。」

そして二人は、すずさん 空のお母さんのお墓参りに行きます。

空「一ノ瀬というヤツに会って、ぶんなぐってやる!」

一ノ瀬(豊川悦司)とは、空のたった一人の血のつながった父です。

彼はどこにいるのでしょう。

0円 ウチカレ見逃し配信

ウチカレ7話の感想

ウチカレ7話の感想です。

樹海に捨てられていた話で、すでにウルウルしていたので、それが嘘だったということで、「涙を返して~」と思ってしまいました。

空の親友となった沙織が、そばにいて良かった。

沙織は今回は、存在感のある役がらに回りましたね。たくさんいいこと言ってました。

「そんな愛されて生まれてきて、愛されて育ててもらって、何がご不満ですか?」沙織にしか似合わないあ、このいたずらっぽいこの言い方。

「口調」って大事だなあと思いました。こんな風に言われたら素直になれそう。

ところで今回は、漱石とヒカルが「初対面」だったんですね。

その瞬間の岡田健史くんの演技はアフレコだったとのこと。

その思い切った機転の利かせた岡田くんの演技を、沢村一樹さんが絶賛していました。

ヒカルは空が大変な時に近くにいてくれる人。でもお互いそれ以上ではない。

ここのところ、一応現カレシである渉先生のことをすっかり忘れてしまっている空です。

渉先生は「フラれてしまうかもしれない」と気が付いています。空の恋の相手は変わるのかな。

今回は、空の「取っ組み合い」の喧嘩シーンが2回もありました。

一回目は碧にぶたれたことを怒って碧に向かっていくシーン。もう一つは、クラスの女子に絡まれて喧嘩になるシーン。

めがねがひん曲がってしまって、結構派手目な演技でした。

ナイス!美波ちゃん!

ウチカレ8話の予告

ウチの娘は彼氏ができないのまとめ

ウチカレ 見逃し配信

0円 ウチカレ見逃し配信