ウチカレ4話のネタバレと感想 空が告るのは誰?

エンタメ

ウチカレ3話では、空が渉先生がデートまでこぎつけたところまででしたね。

ところが、渉先生はつけ鼻毛をしていたのです。
それにはワケが。

ウチの娘は彼氏ができない4話 ネタバレと感想

もくじ

  1. ウチカレ4話のネタバレ
  2. ウチカレ4話の感想
  3. ウチカレ5話の予告
  4. ウチカレのまとめ

ウチカレ4話のネタバレ

2月3日水曜日放送のウチカレのネタバレです。

小説が映画化されるという話が、実現します。
しかも役者であり歌手であるユウトが主演と決まり、碧は張り切って出版社でのミーティングに出向きます。

ところが、ユウトに、碧の小説の内容やエンディングを変えて演じたいと言われます。
出来上がった台本は、碧の小説とは一ひねりも二ひねりもしてあり、すっかり「かみ合わない」内容に変えられていました。

碧は、小説家として納得できません。
でもそれを飲まないと、つぎの仕事ももらえないと言われて葛藤に苦しみます。

編集部からも碧に、妥協するように説得されます。
でも、漱石だけは碧の味方でした。

漱石「全力で守ります。それが僕の仕事です。碧さんは動いちゃダメです。」

漱石は、まず脚本家に当たりますが、受け入れてもらえません。
そこでバンドマンのユウトに直接あたります。

漱石「あなたなら分かるんじゃないですか? 命があると思われるものを生み出すために、どれだけの苦労や悩みの時間があったか」

ユウトは、アーティストとしてそれを理解した末、碧へのおわびの言葉までありました。

漱石はそれを報告に碧のところへ急ぎます。
碧は手放しで喜んでくれます。

碧のキッチンで、カレーヌードルを待っているときの漱石の告白です。

漱石「僕は水無瀬碧の作品が好きで、編集者になりました。」

碧と漱石は抱き寄せ合い、
そしてキス。

母の恋に進展がありそうなところに、娘の空の進展もありそうです。

空「なぜ デートに鼻毛をつけてきたのですか?」

渉「実は、自分には忘れられない人がいる。君に嫌われるために鼻毛をつけていった。」

その「忘れられない人」とは、将来結婚しようと約束した、うさぎ小屋係を一緒にやった女の子で、なんと小3の時の話。

空「渉先生は、そのウサギ小屋でのような忘れられない相手です。だからもう一度私とデートしてください。」

空が気になるヒカル。
でもそれは言えずじまい。

0円 ウチカレ見逃し配信

ウチカレ4話の感想

空が早くも失恋。
だと思ったら告る、という展開。

でも、大学の同級生のヒカル、空に気があるんですよね。
せっかくゲットした空へのプレゼントはポケットに入ったまま。

クールに見えてアツい男、漱石!
実は漱石役の川上洋平さんはアレクサンドロスでのバンドマンとして、このセリフは思い入れのあるセリフだったと、週刊誌のインタビューでありました。

ごんちゃんのお見合いはなかったことになりました。でも、あのお相手、若すぎるし美人すぎるし、なんかあるなあと思ってたんですよね。

ヒカルくんは、空のことをあきらめようとしているみたいですね。

0円 ウチカレ見逃し配信

ウチカレ5話の予告

ウチカレ5話は2月10日水曜日に公開です。

ウチカレのまとめ

0円 ウチカレ見逃し配信

ウチカレ川上洋平は帰国子女 ネイティブ並みの英語はインター仕込み