こんぺいとう 中学受験やドラマの話

タグ:レンアイ漫画家が付いている記事一覧


レンアイ漫画家

鈴木亮平さんと吉岡里帆さんという豪華な配役の恋愛ドラマ。 ネタバレと感想をつぶやいていきます。 このドラマは、ごっつい男性が恋愛ものの少女漫画を描いているという設定だけでも、笑えます。 漫画のネタのために疑似恋愛させるという、むちゃぶり! コメディー設定で、笑わせたとおもったらきゅんとさせられたり、涙させられたり、感情が動きまくりです。鈴木亮平さんと吉岡里帆さんという豪華な配役の恋愛ドラマ。 ネタバレと感想をつぶやいていきます。 このドラマは、

レンアイ漫画家

1話の最後で、アイコは3つ目のミッションを少女漫画家苅部に言い渡されます。 「別れてこい」 苅部の漫画のネタのために恋愛をして、そして付き合いそれを報告するという仕事を受けたアイコ。 でも、アイコにとってその相手早瀬は予想外に誠実な人で素敵な人。 アイコは「やっと会えた人生の相方」と感じ始めていたのです。 高額報酬のためとは言え、アイコは割り切って動くことができるのでしょうか。

レンアイ漫画家

あいこは漫画のネタのために恋愛し、それを苅部に報告するという100万円の契約を受けていました。 ところが苅部ががあいこに課したミッションには、「別れろ」も含まれていたのです。 あいこにとっては、相手の男性に心が傾いていたので別れは涙ものでした。 おまけに、契約では100万円の報酬をもらえるはずが、あいこがミッション・コンプリートとなったのは、契約書にするされた日にちより1日遅れだったため、無報酬0円となってしまったのです。 苅部はおかまいなしに、あいこに次のミッションを言い果たします。 いっぽう、レンは学校で知り合った友達を家に呼ぶ約束をしてしまいます。子ども嫌いな苅部、怒らないか心配です。

レンアイ漫画家

レンアイ漫画家3話では、仕事もお金も住む場所もなくなってしまったアイコでしたが、苅部が居候していいと言ってくれ、難を免れます。 お金のためにアイコは次のミッションを受け入れようとしますが、次のミッションとは、「友情から恋に発展しろ」でその相…

レンアイ漫画家

苅部の屋敷での生活もだんだんと居心地の良さを感じてきているアイコです。 ついにアイコの手料理も苅部が食べてくれるということになったし、自分は苅部の役にたっているのだから「同等」でもある。アイコはここで居場所を感じることができるようになり、張り切りだします。 これまでのミッションも、むちゃぶり発揮でしたが今回もまた、それは無理でしょうというミッションが発動します。 そして強烈なキャラの、アイコの姉が出演です。

レンアイ漫画家

苅部の編集者である向後の案で、ミッション7として「疑似恋愛」を開始したアイコと苅部です。 先週はアイコのお姉さん騒動で、夜道を二人で散歩中、苅部にハグをされたアイコでした。 レンは、父親の形見として苅部の描いた絵が一枚あります。 その絵は女子高校生の絵です。 この絵の女性はひょっとして、、、。 レンは苅部にたずねます。 カフェの店長二階堂は、アイコに想いを寄せているのか、特別の目で見ているようです。

レンアイ漫画家

夜、苅部の家の電話がなります。 留守電のままにして苅部は聞き耳を立てます。 「ミナミです。清ちゃん、いるんでしょう」 あいこは、夜遅く二階堂に家の前まで送ってもらい、自分の疎外感や寂しさを聞いてもらうのでした。 二階堂に、別れ際に不意にキスをされます。 それをたまたま、以前疑似恋愛をした早瀬が目撃しています。

レンアイ漫画家

「もう疑似恋愛したくないです。ほんとうの恋愛がしたいです、苅部さんと」 「だからほかの人のところにはいかないで」とは言えなかったものの、あいこはどうしてあんなことを言ってしまったのだろうと気に病みます。 7話の最後では、学校帰りのレンを待ち伏せして話しかけているミナミがいました。 ミナミはどうやら本当の母親なのです。 そしてミナミは、苅部の初恋の人。 これから3人は、本当の家族になっていくのでしょうか。「もう疑似恋愛したくないです。ほんとうの恋愛がしたいです、苅部さんと」 「だからほかの人のところにはいかないで

レンアイ漫画家

ミナミという、苅部の初恋の人があらわれて、あいこは自分はもう勝ち目はないとすっかり諦め、家を出ます。 一方、苅部は初恋の相手と会うことによって、もう自分の心はもうミナミにはないと気が付きます。そして、恋愛を封印してきた理由がはっきりした今、苅部の心はあいこにむけて解禁します。 それを伝えようとあいこに言おうとしますが、口下手な苅部はなかなか言葉がでて来ず、キス。 それを見ている人間がいました。

レンアイ漫画家

漫画大賞の授賞式、苅部は壇上に上がり言いました。 「俺は、銀天を読者の人生を背負う覚悟で描いてきました。でも、銀天は俺だけのものじゃなかった。一心同体でやってきた編集者と読者の物です。この賞をつつしんでお受けいたします。 俺は恋愛と無縁だと思ったから恋愛漫画を描いてきました。でも、俺にもあったんだと。そう気が付かせてくれた人に感謝しています」 9話では、すれ違いのあいこと苅部がついに自分の気持ちに正直になることによって、結ばれます。 順調な恋愛がこれから始まるのでしょうか。