こんぺいとう 中学受験やドラマの話

ソロ活女子のススメ最終回 温泉・サウナのネタバレと感想

ソロ活女子のススメ

今回の話が最終回の、ソロ活女子のススメです。

ソロリムジン、ソロラブホテル、ソロ焼き肉、ソロ水族館・・・
いろいろとやってきた恵です。

最終回は、ソロ温泉と、そろサウナになります。

もちろん、仕事帰りに寄って行ける都心のロケーションになります。

ソロ活女子のススメ最終回のネタバレと感想

もくじ

  1. ソロ活女子のススメ最終回のネタバレ
  2. ソロ活女子のススメ最終回の感想
  3. ソロ活女子のススメ サウナと温泉はどこ?
  4. ソロ活女子のススメ1話からのまとめ
  5. ソロ活女子のススメ 見逃し配信

ソロ活女子のススメ最終回のネタバレ

ソロ活女子最終回は、ソロ銭湯と、ソロサウナの2本立てです。

ソロ銭湯 ソロ活女子のススメ

職場の若いカップル洋平とハルカ。

洋平は、ソワソワしています。

ハルカ「プロポーズされたからなんです」

イマドキの女子らしく、ひょうひょうとそれを、恵とあやこに話します。

ハルカ「結婚はまだかな」

洋平にとさらりと答え、恵とあやこはびっくり。


さて、今日の恵のソロ活は温泉です。

スカイツリーのおひざもとにある、昔からある銭湯を近代的にリニューアルしたお店に行きます。

1人470円を払い、脱衣所に。

温泉の入り方第1。 「入浴前後に一杯前後の水を飲む」

これは、血液がドロドロになるのを予防してくれるとのこと。

中に入ると、ひのきのかおりがします。

恵が調べた温泉の入り方第2。「分割入浴法」

足湯 → 半身浴 → 全身 に分けて入ります。

こんな入り方ができるのは、ソロ活ならでは。

ここは、スカイツリーが見渡せる半露天風呂もあります。

そして、ここ名物の「黒湯」に入ります。

恵は、一通りの温泉に浸かります。

そして、風呂上がりの一杯は、お決まりのフルーツ牛乳。

フルーツ牛乳を飲んでいると、話しかけられます。

老婦人「丁寧に入っていたね」

この夫人は、70年もこの銭湯に通っているのだと言います。

そして、風呂屋のおじさんからも、「頑張ったで賞」と言っててぬぐいをもらいました。

ソロサウナ ソロ活女子のススメ

次のソロ活である、サウナに向かいます。

ここは、ソロサウナのお店で、恵は前もって予約をしてあります。

チェックインすると個室の脱衣所とシャワー、そしてサウナです。

サウナは2メートルのベンチがあるので、横になれます。

アロマや、スマホとつなげるスピーカーもあります。

素敵なカフェが隣接されており、恵は生ビールとローストポークサンドイッチをほおばります。

ソロ活女子のススメ最終回の感想

1人で活動するようになってから、不思議なことに、恵は見知らぬ人と会話する機会が増えました。

そして、人との、壁がなくなった自分を実感するのです。

職場で皆で焼き肉を食べに誘われたら、恵は乗り気で行きましょう!と元気よく答えます。

以前の恵にはありえなかった。

自分と向き合うことによって、知らなかった自分を知り、自分を癒すことができたのです。

その癒しが、苦手なことと歩み寄れる自分へと成長できたのです。

ソロ活女子のススメ最終回 サウナと温泉はどこ?

御谷湯(みこくゆ)
スカイツリーの近く。
手ぶらでもOK。「黒湯」が有名

ソロサウナTUNE
神楽坂(エゴ川橋も可)
シャワーも着替えも個室。
フィンランド式サウナ
ネットから予約必要。

ソロ活女子のススメ1話からのまとめ

ソロ活女子のススメ 見逃し配信

見逃したらParaviで見れる