こんぺいとう 中学受験やドラマの話

レンアイ漫画家ドラマ9話 苅部まりあの正体を拡散した犯人とは ネタバレ

レンアイ漫画家

ミナミという、苅部の初恋の人があらわれて、あいこは自分はもう勝ち目はないとすっかり諦め、家を出ます。

一方、苅部は初恋の相手と会うことによって、もう自分の心はもうミナミにはないと気が付きます。

そして、恋愛を封印してきた理由がはっきりした今、苅部の心はあいこにむけて解禁します。

それを伝えようとあいこに言おうとしますが、口下手な苅部はなかなか言葉がでて来ず、キス。

それを見ている人間がいました。

レンアイ漫画家ドラマ9話のネタバレ

もくじ

  1. レンアイ漫画家最終回のネタバレ
  2. レンアイ漫画家最終回の感想
  3. レンアイ漫画家最終回の予告
  4. レンアイ漫画家まとめ
  5. レンアイ漫画家の見逃し配信

恋愛漫画家9話のネタバレ

苅部が初恋の相手であるミナミのところに行ってしまったと、あいこは意気消沈。

苅部はいなくなったあいこを探しに家を飛び出します。

公園にいるあいこを見つけ、何か言おうとしているアイコの唇にキスをします。

苅部「キミがうちから出ていく必要はない」

そしてそれを、早瀬が目撃していました。
金城に頼まれて、早瀬は苅部まりあを追っていたのでした。

早瀬は、それを向後と金城に報告します。

向後「まともな幸せは漫画家をダメにする」

向後は、苅部が漫画家として、もういい作品を描けないのではないかと終わった気がしてしまったのでした。

SNSを見ると「苅部まりあの正体」として、苅部の顔写真が公開されています。

「こんなオジサンが描いていたの」などという批判も数えきれません。

自宅も特定されてしまい、苅部の家の前にはやじ馬が押し寄せます。

苅部の作品「銀天」がびりびりに破られ散乱しています。

それを拾い上げ苅部は嘆くのでした。苅部は身バレしたり拡散されたことがショックだったのではありません。

1週間、苅部は自分の部屋から出ませんでした。

あいこは心配です。


向後は1週間ぶりに苅部の家をたずねます。

そして苅部の部屋の前で、思いを伝えるのでした。

それは、初めて自分が編集者として苅部に出会ったときのこと。
始めての原稿を持ち込んだ日のこと。 

名前を苅部まりあと女性名にしようと決め、デビューが決まったときのこと。
なかなか銀天が売れなかったこと。

始めて上位に進出できたとき、喜びを分かち合ったこと。

向後「銀天を守ろうとしていたけど、苅部君を守るべきだった。編集者失格だ」

そして向後は、苅部が作品を愛してくれている読者に裏切られたという気持ちで落ち込んでいるとやっと理解できたのです。

向後は、苅部にそれを素直に詫びます。

向後「勝手に漫画大賞エントリーしてごめん。いいものはいい。銀天はしばらく休もう」

苅部は無言でした。向後は苅部の家を後にします。

向後の話を聞いて、苅部はしまっておいた初めての漫画の原稿を出して見入ります。

苅部が描いた最初のエピソードは「5回目に告白してやっとOKしてもらえた」というエピソードでした。 

実はこれはアイコの話だったのです。父を亡くしたレンに、アイコがそう告白していたことを思い出します。

苅部「彼女を描いていたんだ」

SNSに写真を投稿した犯人はゆなでした。

二階堂があいこを好きなことを妬んだのです。

二階堂とゆなはあいこに頭を下げます。

あいこは間接的にでも自分が原因だったのだと責任を感じ、涙がでました。

二階堂は苅部の家にも行き、謝ります。

今日は、漫画大賞の発表の日。

上司には、プレッシャーをかけられましたが、向後は苅部の受賞辞退することに腹を決めました。

いよいよ苅部の名前が呼ばれ、向後は苅部の代わりに壇上に立ちます。「辞退」と言おうとした瞬間、苅部が到着します。

苅部が壇上にあがります。

苅部「俺は、銀天を読者の人生を背負う覚悟で描いてきました。でも、銀天は俺だけのものじゃなかった。一心同体でやってきた編集者と読者の物です。この賞をつつしんでお受けいたします。 俺は恋愛と無縁だと思ったから恋愛漫画を描いてきました。でもそうではなかったと気が付かせてくれた人がいました」

向後は、思わず苅部に駆け寄ってハグをします。

苅部は電話であいこを呼び出し、一緒にこの会場に連れてきてもらったのでした。

何日か前、レンが苅部とあいこに聞きました。

レン「お二人はお付き合いされているんですか?」

確かにキスをし、それを受け入れてもらっているが果たして自分たちは付き合っているのだろうか。

苅部は、辞書を引いても付き合う意味がわかりません。

たしかに今度デートの約束もしたけれど。

苅部は、その疑問をあいこに素直に投げかけます。

あいこ「意味は私たちがつくりましょうよ」

レンアイ漫画家最9話の感想

苅部は大真面目に、辞書を調べて自分を落ち着かせようとしていました。

「付き合う」の意味を辞書で調べると「交際」と出てきて、「交際」と調べると「付き合う」と出てきて、無限のループに陥っているところが笑えました。

若き日の苅部は、今の苅部の面影あります。こんなそっくりな俳優さんを良く見つけられたなと思います。

レンアイ漫画家10話の予告

10話の予告

レンアイ漫画家まとめ

レンアイ漫画家見逃し配信

レンアイ漫画家は見逃ししても、無料キャンペーン中!【FODプレミアム】で見れるので大丈夫。